感覚的な話になってしまうけど、仕事において、出来ない釈明をして安全牌を置きに行こうとすると、得てして格好悪い着地になりがち。攻める気持ちを捨てずに、課題を克服する方法を相談しに行けば、前向きに力を貸してもらえて、視座が上がり、視野が広がり、また闘う気力が湧いてくるものだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキの多いテーマはまた書きますね^^
2
宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録