新規事業には当初、身の丈以上の資金が投入される。一定期間後には規模の見直しが必要で、経営層は常にこれを意識しているが、現場の感覚は徐々に麻痺してくる。前向きなテンションを維持しながら、冷静に身の丈に合わせていく、このさじ加減は非常に難しい。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです☆
宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録