取引先から1ヶ月休業との連絡が入った。飲食の需要が減れば、食品加工の在庫が嵩み、生産調整に入ることになる。すると、魚の需要が減り、買い人の札入れも消極的になり、水揚げしても良い値段が付かなくなる。生産者が潤わなくなれば、投資も控えることになり、弊社の景気も冷え込む。いやはや。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

良い一日になりますよう♡
宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。