ドタバタのピンチを切り抜けるドラマ、仕事では全くカッコいいものではない。それは往々にして無計画な不作為の顛末だ。出すべき成果を戦略的に設定し、事前に余裕を持った計画を立て、涼しい顔で着実に仕事をこなし、顧客や仲間から感嘆の声が漏れる。プロとして相応しい仕事をしよう。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
宮城県気仙沼市出身、1983年3月生まれ。PL学園・早稲田大学・日本IBM・ベンチャーを経て、2014年12月に帰郷。1850年創業の漁業資材販売店・アサヤ株式会社、地元産品を扱う通販サイト・気仙沼さん、観光商品開発を担うちょいのぞき気仙沼、の3本柱で活動しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録