言ノ葉、あるいは物語【創作SS等】

4

【SS】めぐりゆく流砂

ああ。
すべては、幻だった。
私が全てを懸けて為そうとしたことは、何もかも、砂上の楼閣でしかなかったのだ。

指先の、掌の感覚が消えていく。

あれで完成するはずだった。
画竜点睛、完璧に仕上げたと思っていたのに。
嘘のように、全てが無へと帰していく。
私の目の前で、さらさらと崩れ去っていく。

私の為すべきこと、それがアレを完成させること。
最後の役目を任されたのが、私だった。

計画は完璧だっ

もっとみる
ありがとうございます。また見に来てくださいね。

【SS】奇しき縁は溜息とともに

どうしてこうなったのか。
何故こんなことになっているのか。

背中に伝わる感触は、焼けつくほどに憎いはずのそれは、意に反して温かい。
奴もまたひとつの生命なのだと、何の属性もないひとりの人間なのだと、否が応でも感じてしまう。

あるいは勇者であり。
あるいは魔王であり。

あるいはティボルトであり。
あるいはマーキューシオであり。

そんな奴に、俺は今背中を預けている。
呉越同舟。
冗談じゃない。

もっとみる
嬉しいです。これからも頑張ります!

【SS】戯言は果てなく甘く

「愛している」

笑えるぐらい嘘八百。ひとかけらの真実さえも含まれてはいない。
ここまでくるといっそ清々しい。

一ミリたりとも僕を愛していない、ただの愛玩動物としか見ていない、それでも君はそんな戯言を言う。
それはもう、平気でさらりと口にする。

「だから言っただろう。愛していると」

ふ、と微笑みながら呟く君の双眸はどこか自嘲じみていて、君自身がそれを信じているのかどうかさえ分かりやしない。

もっとみる
ありがとうございます。また見に来てくださいね。

【SS】紅き椿は白へと堕ちて

ぽとり、ぽとり
ひとつ落ちれば誰かが消えて
もひとつ落ちればあの子が失せる

「何言ってるの?」
また妹は窓辺にぼんやりと佇んでいる。その視線の先には雪を纏う深紅の椿。冴え冴えとした純白に映える鮮やかな紅。それは確かに、美しくはあるけれど。
「うた。つばきが、おちる」
どうやら童歌のつもりらしい。その割には、どう聞いても不穏な色が滲み出ているようだけれど。
「椿が落ちたらどうなるの?」
ちょっと嫌

もっとみる
ありがとうございます。また見に来てくださいね。