見出し画像

あなたの旅に、神のご加護を

JFK空港へと向かう地下鉄のプラットフォームで、まだ背中に馴染まないバックパックをよいしょと背負い直す。

『はあ…』

一生懸命話すのだがちっとも伝わらず、苦笑いしている相手の顔が蘇る。
その居心地の悪さに、わたしの心はすっかりと閉じてしまった。

『これからやっていけるんかな…』

現地の人と少しでも心が触れ合うようなコミュニケーションがしたい、そう思っていたのに。
そんな後悔もギュウギュウに詰めたバックパックが、肩に喰い込む。


車両に乗り込むと、ヘッドフォンをした黒人男性、サリーを着た褐色の女性、ぴしっとビジネスライクな服装の白人女性。

人種のるつぼと言われるこの街を、わたしは勝手に懐が深いと思い込んでいたのだろうか…。


「はっ…ハクション!!!」

「Bless you」


躊躇いもなくかけられた言葉に、また心が開いていくのを感じる。


日本を出てから1週間。
彼女のその一言で、ようやく長い旅が幕をあけた気がした。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでくれたあなたは神なのかな。

8823でハヤブサってかっこよくない〜〜〜!??
34
4歳息子と2歳娘のおかあちゃん。 noteには子育てな日常や仕事に関する想い、趣味にまつわることなどを。 得意技はフェスで小躍り。 お酒があればだいたいのことは頑張れる。

コメント2件

そう…誰に対してもblessyouという文化、あれって日本にはない感覚ですよね……あとスーパーとかですれ違う人と目が合った瞬間にニコッと笑うのとか。
そんなちっちゃなちっちゃなコミュニケーションが、孤独を感じていた心に染み渡りますよね……☺️☺️☺️
ないですよねー。あれはいいなあって思いました。目があってニコッもほわぁ!!ってなりますね。
読み取ってくださって、ありがとうございます😊嬉し
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。