洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

故ニプシー・ハッスルの、フッドへの想いを読む
(Nipsey Hussle - "Bigger Than Life")

故ニプシー・ハッスルの、フッドへの想いを読む (Nipsey Hussle - "Bigger Than Life")

Writer:@vegashokuda ニプシー・ハッスル(Nipsey Hussle)がこの世を去ってからもうすぐ1年になります。彼の生前の功績についてここで詳細に語ることはしませんが、ヒップホップ界、特にLAのコミュニティにとって彼の死が大きな喪失であったことは間違いありません。このマガジンでも過去にニプシーの楽曲を扱ったことがあるので、ぜひお読みください。 あわせて読みたい ニプシー・ハッスル、過酷な現実や友人の死を歌う。(Nipsey Hussle - "Rac

300
The Weekendの美声とワードプレイを楽しむ。(The Weekend - "Snowchild")

The Weekendの美声とワードプレイを楽しむ。(The Weekend - "Snowchild")

Writer:@raq_reezy 今回は、The Weekendの新作『After Hours』から「Snowchild」を解読したいと思います。 The Weekendは、カナダのトロント出身のアーティストであり、小さい頃から雪には馴染みがあることになります。また、曲中では、実際の雪以外の、雪らしいものも登場しています。 それでは、さっそく内容を見ていきましょう。 1バース目 I used to pray when I was sixteen If I didn

3
300
"永遠の新人"、ジェイ・エレクトロニカが10年かけて遂にリリースしたアルバムを読む。(Jay Electronica - "Shiny Suit Theory" feat. JAY-Z、The-Dream)

"永遠の新人"、ジェイ・エレクトロニカが10年かけて遂にリリースしたアルバムを読む。(Jay Electronica - "Shiny Suit Theory" feat. JAY-Z、The-Dream)

Writer:@raq_reezy 今回は、ついにリリースされたJay Electronica(ジェイ・エレクトロニカ)のアルバム『A Written Testimony』から「Shiny Suit Theory」を解読していきたいと思います。 「Shiny Suit Theory」自体は2010年にリリースされた曲ですが、それからこのアルバムが出るまでに、なんと10年の期間を要したことになります。 ジェイ・エレクトロニカは、アンダーグラウンドシーンでカルトチックな人気

4
300
「今年は俺の年」、気合いの入ったアミーネの口撃を読む。(Aminé - "Shimmy")

「今年は俺の年」、気合いの入ったアミーネの口撃を読む。(Aminé - "Shimmy")

Writer:@raq_reezy オレゴン州ポートランド出身。ビデオも自分でディレクションするなど多彩で、曲もオリジナリティが溢れる注目の若手ラッパー、Aminé(アミーネ)。 今回は、アミーネがリリースした新曲「Shimmy」を解読していきます。 アミーネについては、以前アルバム『OnePointFive』から「Dr. Whoever」を解読しているので、もしよければそちらも読んでみてください。 あわせて読みたい 20代中盤を迎えて、歳を意識したアミーネの憂鬱。(

4
300
D・スモークの言葉から、ファリス家の家族愛を読む。
(D Smoke - "Like My Daddy")

D・スモークの言葉から、ファリス家の家族愛を読む。 (D Smoke - "Like My Daddy")

Writer: @vegashokuda 今月はD・スモーク(D Smoke)月間!ということで、彼がリリースしたアルバム『Black Habits』から3曲目、いきます! (※編集注:編集側の諸事情により、翌月公開となってしまいました。すみません。) あわせて読みたい 奴隷オーナー、盗人、癌患者、3つの立場からラップするD. Smokeを読む。(D Smoke - "Free") D. Smokeのブラック賛歌を読む。(D.Smoke - "Black Habits

1
300