洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

ディジー・ライトは、シャンパンが好きすぎる(Dizzy Wright - "Champagne Service")

ディジー・ライトは、シャンパンが好きすぎる(Dizzy Wright - "Champagne Service")

Writer:@raq_reezy こんにちは。 さて、今回はなかなか中毒性の高い「Champagne Service」という曲を読んでいきたいと思います。 ミュージックビデオもおしゃれです。 サビでは、スヌープドッグを思わせるようなスムーズなフロウを披露、1曲を通じて「シャンパンが好きだ」ということが、ひたすら歌われています(笑)。 さて、Dizzy Wright(ディジー・ライト)は、1990年代生まれのラッパー。 2011年に、ラッパーHopsinが主宰する

300
帰ってきたグルーヴィー・Qは、びっくり箱のようにクーペから飛び出す(ScHoolboy Q - "Numb Numb Juice")

帰ってきたグルーヴィー・Qは、びっくり箱のようにクーペから飛び出す(ScHoolboy Q - "Numb Numb Juice")

Writer: @vegashokuda 前作『Blank Face LP』(2016年)から約3年、スクールボーイ・Q(ScHoolboy Q)が帰ってきました! ジミー・ファロンの番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』において、その「THat Part」のラッパーは「Numb Numb Juice」「CHopstix」の2曲をパフォームすると、"New album coming very very very very ve

300
無双モードのポスト・マローンのボースティングを読む。(Post Malone - "Wow")

無双モードのポスト・マローンのボースティングを読む。(Post Malone - "Wow")

Writer:@raq_reezy さてさて、今回も解読していきます。 今回は、ポスト・マローンの「Wow」を解読したいと思います。 リリースは昨年ですが、今月19日に改めてミュージックビデオが公開されました。 アニメーション版の動画は昨年あがっています。アメリカでは、YouTubeの再生回数などもビルボードの順位に影響するため、同じ曲を何度かアップすることがあるというわけです。 それにしても、ポスト・マローン、Swae Leeとの「Sunflower」もヒット中で

1
300
虚無感の中にも前向きさが垣間見える、Juice WRLDのエモ・ラップを読む。(Juice WRLD - "Empty")

虚無感の中にも前向きさが垣間見える、Juice WRLDのエモ・ラップを読む。(Juice WRLD - "Empty")

Writer:@raq_reezy 今回は、Juice WRLDのアルバム『Death Race for Love』から「Empty」を解読したいと思います。 Juice WRLDは、オートチューンをかけたメロディアスなラップを、感情を乗せたようにフロウするラッパーで「エモ・ラッパー」と括られることもあります。昨年亡くなったXXX TENTACIONなどにも通ずるスタイルです。 さて、Juice WRLDは1998年にシカゴで生まれました。彼が3歳のときに両親が離婚して

2
300
若き「リル」・パンプと、ベテラン「リル」・ウェインの共演を楽しむ。(Lil Pump - "Be Like Me")

若き「リル」・パンプと、ベテラン「リル」・ウェインの共演を楽しむ。(Lil Pump - "Be Like Me")

Writer:@raq_reezy Lil Pump(リル・パンプ)のアルバム『Harverd Dropout』がリリースされました。 リル・パンプといえば、ティーンから絶大な人気を誇りつつも、あまりにも内容のない歌詞が、ヒップホップ業界のベテラン達に衝撃を与え、賛否両論を生み出したラッパーです。(内容のないラッパーを、このマガジンで解読するな!という声もありそうですが笑) 今回のアルバム・リリース後には、リル・パンプが契約しているワーナー・ブラザーズが「リル・パンプが

3
300