洋楽ラップを10倍楽しむマガジン

「アメリカをもう一度クリップスにする」。トランプ大統領に反発するスヌープドッグの真意とは?(Snoop Dogg - "M.A.C.A.")

「アメリカをもう一度クリップスにする」。トランプ大統領に反発するスヌープドッグの真意とは?(Snoop Dogg - "M.A.C.A.")

スヌープドッグの新作『M.A.C.A』(Make America Crip Again)が話題を呼んでいます。 Cripは「ブラッズ」(赤)と構造を繰り広げるカラーギャング「クリップス」(青)のことです。スヌープドッグはもともとクリップスの構成員であり、トランプ大統領の「Make America Great Again」に対して、「Make America Crip Again」だと述べているわけです。 その意図として、スヌープドッグは以下のように述べているとFNMNL誌

4
300
11歳からラップを続けたJoey Bada$$が訴える「根気」の重要性。(Joey Bada$$ - "Devastated")

11歳からラップを続けたJoey Bada$$が訴える「根気」の重要性。(Joey Bada$$ - "Devastated")

今回は、Joey Bada$$というニューヨーク出身のラッパーが2017年にドロップした『ALL-AMERIKKKAN BADA$$』から、PV曲の"Devastated"を紹介したいと思います。 Joey Bada$$は、インタビューで"Devastated"について、アルバムが野菜のように良いアルバムだと言ったことに加えて、"Devastated"はオーガニック・キャンディのような曲だと例えています。 ポップなトラップ曲が溢れる中で、そうしたものを子どもたちが欲しがる

2
300
マフィア的な世界観のラップを大成させたJAY-Zのデビューアルバムを味わう。(JAY-Z - "Can't Knock the Hustle")【後編】

マフィア的な世界観のラップを大成させたJAY-Zのデビューアルバムを味わう。(JAY-Z - "Can't Knock the Hustle")【後編】

前回は、「マフィア的な世界観のラップを大成させたJAY-Zのデビューアルバムを味わう。(JAY-Z - "Can't Knock the Hustle")【前編】」と題して、Mafioso RapやJAY-Zの出てきた背景を説明しました。 そして、ドラッグ・ディーラーならではの1バース目を味わいました。 今回は、2バース目と3バース目を読んでいきたいと思います。 それでは、引き伸ばさずに、さっそく参りましょう! 2バース目 Last seen out of stat

2
300
【和訳】マフィア的な世界観のラップを大成させたJAY-Zのデビューアルバムを味わう。(JAY-Z - "Can't Knock the Hustle")【前編】

【和訳】マフィア的な世界観のラップを大成させたJAY-Zのデビューアルバムを味わう。(JAY-Z - "Can't Knock the Hustle")【前編】

これまでは、どちらかというと新しい曲を紹介してきましたが、たまには昔の曲を解読してみたいと思います。 今回解読するのは、またまたJAY-Zになります(笑)。 ということで、JAY-Zのデビューアルバム『Reasonable Doubt』から"Can't Knock the Hustle"という曲を解読していくのですが、その前に『Reasonable Doubt』について説明したいと思います。 『Reasonable Doubt』は、1996年当時、東海岸で流行りを迎えて

9
350