Ex-wanna-be BeatMake編⑤(今後の方針を考える)

ラニノレ

いままでに学んだこと

  • (特にスローテンポな曲の)ドラムビートの組み立て方。

  • 各パートの周波数分布。



課題&これから何を学ぶか

ドラムビート

キックの典型的かつ具体的なパターンなどがわからない。なんとなくで音を配置している。

また今まで見てきたチュートリアルはFlyLoの比較的穏やかな楽曲のビートのつくり方だった。よりアップテンポであったりアグレッシブであったりする曲ではどのようなビートの組み立て方がされているかが不明。

好きな曲を分析してパターンを見つける&組み立て方を見つける。


ウワモノ

しっくりくるウワモノのつくり方がわからない。

FlyLo的なサウンドスケープを作るにはウワモノのテクスチャがかなり重要だと思う。なんならドラムビートやベースなしでも成り立つようなアンビエントな曲もあり、そういうのも作りたい曲の一つ。

ドラムビート以上に、ジャズやR&B的な和声やメロディ、アンビエントやIDM、グリッチ的な音のつくり方や重ね方に重点を置くべきなんじゃないか?

  • 和声理論をより理解する。

  • FlyLo楽曲の和声・旋律的分析。

  • シンセやエフェクトなどを用いた音作りの方法論を学ぶ。

  • アンビエントやIDM的な楽曲への理解を深めつくり方を学ぶ。


展開の付け方

FlyLo的な展開を付けること、すなわち同じようなビートでもバリエーションを付けたり、急に大きくビートの雰囲気が変わったりしながら、まとまりをもつ楽曲に仕上げる方法がわからない。

とにかく聴き込んで分析するしかない。



まとめ&課題の課題

結局のところ、楽曲を今まで以上に注意深く聞きこんで、色々な面で分析していくしかない、ということ。加えてその再現に必要な技術を身に着ける。

課題の課題というか心もとないのは、和声的分析の部分。楽曲の和声的分析にはコードやその進行の知識と感覚が必要になるけれど、ぶっちゃけコードの耳コピが全然できない。
コード進行を載せてるサイトもあるにはあるけど、信用できるかわからないし、コードの感覚を養えば自分で曲を作るときも(ギター編でR&B曲とか分析するようになっても)役に立つと思うので積極的に取り組みたい。
でもどうやってやればいいの?「和音 聞き取り 練習」とかでググってみる?
模索してみます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!