見出し画像

入社3日目で全社イベントの実行委員になった話。


はじめまして。
Rexアシスタントデザイナーのたなべです。

4月に入社し、Rexのメンバーになりました。現在はイラスト制作・アイデアを考える係などを担当しています。


この度、Rexメンバーになってから初めて実行委員として携わった社内イベントの模様をお届けします。


入社して、数日たったある日。
Googleカレンダーに「Rex Air実行委員会キックオフ」というスケジュールが入っているのを見つけました。なんだろう…

画像1



Rex Air(レックス エアー)とは


「Rex Air」とは、弊社が年に2回これからの会社や仕事に関してメンバー全員で考え議論するために開催している社内イベントです。全社員が一堂に集まる貴重な機会なので、メンバー同士のコミュニケーションも大切にしています。

いつもはオフィスの外で会場を借りて開催しているそうですが、今回はコロナの影響で初のリモート開催になりました。


実行委員は毎回交代でやっており、テーマ設定など企画から当日の運営までを行なっています。


入社する以前から、Rexではさまざまな社内イベントが開催されていることは知っていて「楽しそうだな〜」と見ていたのですが、いつのまにか運営する側に選んでいただいていて、少し戸惑いつつ初回の打ち合わせに参加しました。

画像2


ディスカッションに出てくるオリジナルワードも印象的でした。
Rexにはプロジェクトを進めるための「JAM(ジャム)」という独自の手法があります。詳しくはこちらのCINRAの記事をチェックしてみてください!


自分をふくめ7名の実行委員メンバーで用意したリモートRexAirの内容がこちらです!

画像7

Rex史上空前!企画の祭典ザ・ドリームマッチ!


内容を簡単に説明すると、マッチングした3人1組のトリオで、「Rexが居心地がよくて、働きやすくて、クリエイティブな会社で居続ける」ためのアイデアを考え、発表してもらうという企画です。



懐かしの!プロフィール帳大作戦。


企画内容は芸人コンビをシャッフルする某テレビ番組からインスピレーションをうけているのですが、普段の業務ではあまり関わりのない人同士でもうまくマッチングできる方法はないかを話し合い、最終的に編み出したのがプロフィール帳作戦です。

画像7


このように、イベントの前にメンバーのプロフィール帳(名前はひみつ)を制作し、それを見て「どの人と組みたいか?」を指名してもらうことにしました。マッチングの結果発表をする際に誰がどのプロフィールを書いたのかをオープンに。


プロフィール帳はマッチングのための手段でしたが、メンバーの好きなものやハマっているもの、リモートでの仕事に対する考え方など、パーソナルな部分をもっと知るきっかけにもなりました。イベント終了後に行なったアンケートのマッチング満足度は約80%でした!



どんな企画が生まれたのか?


イベント当日は、

「自粛緩和後の理想のオフィス」
「リモートで雑談が生まれる環境づくり」
「リモートでも質の高いクリエイティブを生む方法」

などのお題を用意しておき、チームごとに選んだお題に沿ってアイデアを出し合い、具体的な企画をつくりあげていってもらいました。


画像4

トリオで企画をかんがえる〜🐸


最後には全員で投票を行い、優れた企画を表彰しました。

画像5


当日生まれた企画の一部をご紹介!

「サンバカーニバルタイム」
リモートでも質の高いクリエイティブを生む方法として、Rexメンバーが交代でパーソナリティーを務める社内ラジオの開設を提案。リモートだと生活に変化がなくて斬新な発見がしづらいので、発信の場をつくることでアイデアにつながる情報を日常からアーカイブしよう!


「オフィス概念拡張化計画」
自粛緩和後の理想のオフィスとして、ヒューマンセンタードなオフィスを提案。Rexメンバーがいるところを「Personal Office」と定義。また、パーソナルオフィスでは不可能な作業を行う場所として、撮影や開発などそれぞれ目的を特化させた3つの拠点「Objective Office(目的を持って行くオフィス)」を設ける!


「JOIN US!」
リモートでもカルチャーマッチした採用を行なっていくために、オンラインでRexをもっと知ってもらう&相手のことをもっと教えてもらうための仕掛けを用意。社員紹介ラジオや質問したい社員に直接メッセージできるボタン、書類選考後に参加できるリモートランチ会などオンラインでよりお互いを知ることができるコンテンツを追加する!


多様なアイデアがあつまり、メンバーのプレゼンを聞くのも楽しい時間でした。これらの企画は、新たにチームを組み直して次回のRex Airまでに進行していく予定です。



初の全社イベント実行委員を終えて


イベント後のアンケートでは、「リモートだけど楽しめた!」「プロフィール帳やマッチングなど個々のコンテンツ自体も盛り上がった」という声を多くいただきました。


自分にとっても入社後「初」社内イベントでしたが、他メンバーにとっても「初」オンライン開催での全社イベント。

振りかえりアンケートの反応もよく、成功してよかった〜と振り返る委員会メンバー(後日の振り返り会にて)。

画像6


4月に入社してからずっとリモート勤務。まだ直接会ったことがない人がほとんどの中Rexのメンバーになった実感が湧いたのも、この「Rex Air」の運営に携われたことも大きいと振り返ってみて感じます。

ゼロベースでイベントの企画を考えるにあたって、Rexの一員として「会社のことを考える」ことへ積極的に参加するができました。


正直リモート入社する前はすこし不安もあったのですが、Rexは以前からリモートワークを週1で実施しているなどオフィスじゃなくても働ける環境が整っています。また、普段のお仕事以外にもメンバーとコミュニケーションがとれたり、その中で自分ひとりでは知ることができなかったものの見方を発見したりするなど学びが多いのも魅力です。

画像8


私は去年までの1年間会社に属さずに個人で活動をしていたのですが、Rexにはいろんな人がいて、同じチームだけど「みんなと同じじゃなくてもいい」ところが素敵だと思います。


そんなこんなで入社してまだ3ヶ月目ですが、
これからもRexでLEAPなお仕事をしていきたいと思います〜!


アシスタントデザイナー・たなべ

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
9
「LEAP! 世界を跳躍させよう」をスローガンに掲げるコミュニケーションデザイン・カンパニー、ラナエクストラクティブ(通称: Rex)の公式note。Rexで湧き立つなんだかNEWな香りをお伝えしていきます。 https://www.ranaextractive.com/

こちらでもピックアップされています

LEAPなWorkstyle
LEAPなWorkstyle
  • 1本

Rexでは、それぞれのメンバーがより良いパフォーマンスを発揮して働くため、さまざまな制度やイベントを行なっています。 誰かの提案から「やってみようか」と実験的に制度が生まれたり、変えたりすることもしばしば。 日々アップデートしている制度やイベントの様子、やってみての変化などをご紹介していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。