見出し画像

LEAPを感じてもらうには。<LEAPバトン04>

Rexメンバーに「LEAPな思考を生み出すための習慣や日頃大切にしていること」を聞いていく企画「LEAPバトン」。第4回スタート!

画像3


シニアエンジニアの西尾です。

LEAPを相手に感じてもらうには、
まず「相手の普通」を知って、そこを裏切ることで初めて成り立つと思います。

例えば、Webサイトでアニメーションをさせる上で、
こんな感じの見た目だったら、こんな形のボタンだったら、
みんながこう思うだろうなー。こんな動きをするんだろうなー。
ということを実際にさせられること。

これが、まず必要なこと。

画像1


そしてLEAPを感じてもらうには。

こんな動きをするだろうなー。から、
みんながこうだとすげーなー。こうだったら最高だなー。
と思うことを、ちゃんと想像できて、落とし込める。
これだと、100点。

こうだと思ったけど、こんな動きする!?
がポジティブに見えたときが、120点。
ここでLEAPが起きたんだと思うんです。


ということは、みんなが想像してるよりも、さらにいい感じのもの。
ということは、「みんなが想像してるもの」を自覚することが、必要になってくるんだとおもいます。


そうなると、まず必要なことは
みんなが良いと思っているものを、自分も良いと思えること。
みんなが良いと思っているものに、自分もたくさん出会えること。

映画を見るにしても、
みんなが欲しいと思っているんだろって所で、
ちゃんとエンターテインメントして、派手にアクションしてくれて、
ちゃんと盛り上げてくれる。ハリウッド超大作やら、MARVELやらも、
思春期みたいに毛嫌いせずに、見たほうが良いと思うんです。
ネットサーフィンもちゃんとした方がいい。

画像2


「みんなの普通」が、「良いな」、が、自分と同じなのかを確認して、
ずれてるなら、このぐらいずれてる、
自分は良いと感じなくても「ここがみんなの良いなと思うところだろう」、
とは思えるように保つことが、LEAPをさせることができる基盤になるんだと思います。


次は、アートディレクターの秋山さんにバトンを渡します。


シニアエンジニア・西尾


イラスト:たなべあかね


▼LEAPバトンとは


▼前回のバトン アカウントディレクター・湯浅祐佳


▼Rexでは一緒に働くエンジニアメンバーも募集中です!

お仕事内容
デジタル広告の企画・アイデアを考え、提案・設計・制作するお仕事。
クライアントの要件や毎回異なるあらゆる状況から、ゼロベースで企画を一緒に考えられる人を探しています。オフィスは東京、仙台、京都にありますが、現在はリモート推奨期間でほとんどの社員がフルリモートワークをしています。(※感染予防を徹底し、オフィスも開放中。)
詳細は、上記Wantedlyをご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
3
「LEAP! 世界を跳躍させよう」をスローガンに掲げるコミュニケーションデザインカンパニー、ラナエクストラクティブ(通称:Rex)で湧き立つなんだかNEWな香りをお伝えするnote。TOPはメンバーが交替で飾ります。 https://www.ranaextractive.com/