見出し画像

こんなんもう絶対売れるでしょ【NOW PLAYING JAPAN 2019】

数年後、いや数か月後には売れていそうなアーティストがゴソっと紹介されていたので一挙ご紹介!


― NOW PLAYING JAPANとは

音楽ストリーミングサービスと音楽チャートと音楽専門チャンネルが連携し、日本における、新しい音楽のヒットや潮流を作ろうとするプロジェクト。

▼▼▼ 詳しくはこちら ▼▼▼


① eill(SPACE SHOWER MUSIC)

小鳥遊の『PUSH SONG』でも紹介した『eill』!

東京出身。SOUL/R&B/K-POPをルーツに持つ新世代シンガーソングライター。15歳からJazz Barで歌い始め、同時にPCで作曲も始める。10代から、清水翔太のコーラスやPAELLAS、SKY-HIなどへ客演で参加する。 2017年12月、韓国ヒップホップ・アーティストRheehabとOceanと制作した音源「721」をSoundCloudに公開。2018年6月、SG「MAKUAKE」、7月には、高橋海(LUCKY TAPES)が参加し「HUSH」、10月にはミニアルバム「MAKUAKE」を発表。Apple Music「今週のNEW ARTIST」、SPACE SHOWER「NEW FORCE」、Spincoaster「BREAKOUT 2019」、HMV「エイチオシ」に選出されるなど、2019年に大きな飛躍が期待されているアーティスト。2019年9月には「ONE LAST TIME (Prod.AmPm)」配信シングルをリリース。今冬には待望のファースト・アルバムのリリースが予定。また11月には1st ONEMAN TOUR 「BLUE ROSE 2019」も開催される。

eill - この夜が明けるまで


② ACE COLLECTION(エンズエンターテイメント)

初見。

たつや◎(Vo&Gt.)、LIKI(Gt.)、奏(Ba.)、RIKU(Dr.)で編成されるZ世代4人組バンド。2017年12月9日結成。結成日より、YouTubeでカバー動画の配信を開始。初回投稿動画となるエド・シーラン「Shape of You」のトラックとヒットソング19曲を掛け合わせたマッシュアップ動画が、SNSでの口コミをきっかけとして話題に。チャンネル登録者数は、わずか半年で10万人を超え、現在17万人以上を獲得(2019年9月現在)。また、YouTubeが行う支援プログラムYouTube Music Foundryに今年選出された世界11組の中では日本人で唯一選出された。年末には9箇所10公演の初となる全国ツアーが決定している。

ACE COLLECTION - シンデレラ


③ GANG PARADE(ワーナーミュージック)

存在は把握しておりました。

「みんなの遊び場」をコンセプトに活動する、カミヤサキ、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、ハルナ・バッ・チーン、月ノウサギ、ナルハワールドの10人からなるアイドルグループ。2014年に結成されたプラニメが前身ユニットで、2度の改名とメンバーの増減を経て、その翌年4月17日にワーナーミュージック・ジャパン内新レーベル「FUELED BY MENTAIKO」よりシングル『ブランニューパレード』でメジャーデビュー。同年5月に東阪野音ツアーを成功させ、5月26日より同事務所所属グループWAggよりナルハワールドが加入し、現体制での活動をスタートさせる。

GANG PARADE - らびゅ


④ さなり(A-Sketch)

小鳥遊の『PUSH SONG』にて紹介済み。

2002年11月16日生まれ。小学校低学年時にYouTubeに出会い、オリジナル動画の投稿を開始。動画投稿の収入でパソコンを購入し、遊ぶように動画制作などを行っていた。同じ頃、ラップミュージックと出会い、中学校に入るとフリースタイルラップで友達と遊び始め、中学2年生の頃からオリジナル音源の制作をスタート、再度、動画投稿を始めるようになる。2019年6月5日に1st Album「SICKSTEEN」をリリース。翌月7月5日に全て自宅で作り上げたデジタルアルバム「HOMEMADE」をリリース。また、10月からはアルバムを引っさげての初の全国ツアーもスタートする。一度聞いたら耳から離れず、リリックがストレートに入ってくる力強い独特の声が特徴的な16歳のラップアーティスト。

さなり - BRAND-NEW


⑤ SHACHI(ユニバーサルミュージック)

小鳥遊の『PUSH SONG』にて紹介済み。

日本のフィメールラッパー。多くの海外アーティストに影響を受け、サウンドプロデューサーであるSAMEとともに楽曲制作を開始。2017年「Beautiful day」を発表。唯一無二のフローで音楽ファンを魅了する日本語ラップ界の新星。SAMEが作り出す最先端のビートで表現するSHACHIの楽曲は日本のみならず海外でも注目を浴びる。2018年夏に初のミュージックビデオ「Turn Up The Music」を公開し、数ヶ月で100万回再生突破。2018年冬、全編New Yorkで撮影したMV「HERO」を公開。2019年夏、「One Day」がドラマ主題歌に大抜擢されるなど2019年大注目のアーティスト。

SHACHI - My Feelings


⑥ FINLANDS(サンバフリー)

初見。

塩入冬湖(Vo.Gt)からなるロックバンド。全国各地の大型野外フェスやサーキットフェスにも多数出演。真夏でも冬物のコートを着用して行うエモーショナルなライブパフォーマンスに定評があるが、楽曲が北海道日本ハムファイターズのテレビCMに起用されるなどポピュラリティも併せ持つ。2018年フルアルバム「BI」リリースツアーワンマンライブにおいて、追加公演含めすべてソールドアウトさせた。2019年7月にその「BI」リリースツアーファイナル・渋谷クアトロでのライブを完全収録したDVDをリリース。現在、REMOTE CULTURE TOURツアーを開催中で11/12に恵比寿LIQUIDROOMでファイナルを迎える。

FINLANDS - UTOPIA


⑦ Mega Shinnosuke(Mega Shinnosuke)

初見。

スペースシャワーミュージックあたりが好きそうな曲調ですね。

2000 年生まれ。東京生まれ福岡育ち。本名。作詞 / 作曲 / 編曲を全て自身で行う。2017 年秋より楽曲制作をスタートし、2018 年秋に 1st Mini EP「momo」をリリー ス。 M1. 桃源郷とタクシーには Tempalay のメンバーでもある、AAAMYYY がゲストコーラスとして参加。2019年6月には初の全国流通盤「HONNE」をリリース。CDショップのプッシュや、各種配信サービス内で複数のプレイリストにピックアップされるなど、各所から注目を集める新世代のクリエイター。好きな食べ物はジェノベーゼと牛タン。どちらかというと、ジェノベーゼの方が好き。

Mega Shinnosuke - 桃源郷とタクシー


⑧ MOSHIMO(ラストラム)

『PUSH SONG』紹介漏れでした、、、ショック!

失恋、嫉妬、劣等感、不平不満...そんな数々のネガティヴな気持ちを全てポジティヴへとぶっ飛ばす熱いライヴパフォーマンス、可愛くもパワフルな歌声、ポップながらゴリゴリの骨太ロックサウンドで、若者の心を掴み、巨大な渦となりつつある新進気鋭のギターロックバンド。元CHEESE CAKEのVo&Gt:岩淵紗貴、Gt:一瀬貴之に、Ba:宮原颯、Dr:本多響平が加わり、2015年4月に福岡で結成。2019年3月に最新アルバム「TODOME」をリリース。また地元福岡ではロックフェス「MOSHIFES.2019」を立ち上げた。7月にはマイナビBLITZ赤坂での単独公演を含む全国14箇所のツアーを成功させ、今夏は「METROCK 2019」「NUMBER SHOT 2019」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」「WILD BUNCH FEST.2019」など数々のフェスでも大いに会場を盛り上げた。

MOSHIMO - 電光石火ジェラシー


⑨ みゆな(エイベックス)

小鳥遊の『PUSH SONG』にて紹介済み。

FUJI ROCK FESTIVAL'19に出演を果たし、YouTube「Artists to Watch 2019 ~注目の新人~」に選出されるなど、圧倒的な歌声と、独創的なソングライティングでジャンルの定義を超える17歳、新世代シンガーみゆな。吉岡里帆主演 映画『見えない目撃者』主題歌「ユラレル」、アニメ『FAIRY TAIL』第3クールEDテーマ「僕と君のララバイ」、映画『ナツヨゾラ』主題歌「くちなしの言葉」を含む全7曲を収録したセカンドミニアルバムを9/18(水)にリリース。11月からはワンマンライブツアー『みゆな TOUR 2019 -ユラレル-』を開催!

みゆな - 缶ビール


◆ 総括

9アーティスト中、初見のアーティストが3組もありました。。。

もっとアンテナを張らねば!

というかだからこそ音楽は面白い!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。