【kimono note】洛音のロゴ archive of 20190910

今まで綴っていたブログ(wordpress)が繋がらなくなったのでnoteに変えて少し経過しました。

It has almost one month passed since I changed from "wordpress" to "note". Actually I had a bitter experience in wordpress. 

しかしながら、長くwordpressに綴っていたものが全て無くなってしまうのは非常に惜しい!とのことで記憶が残っているうちにアーカイブとしてピックアップしたものをkimono noteに記載することとします。原文は残っていませんので記憶を呼び起こして書いています。

However I lamented that all my writing  had disappeared in wordpress and I decided to rewrite down my activity according to my selection from archive pictures of wordpress. They are all tracks of rakuon.

さて、今年の洛音の一大イベントとすると、京都の呉服問屋さまにBotanを納めることができたことです。

I was so moved to supply with Botan which is rakuon's first product to kimono merchants in Kyoto. Apparently this is the biggest incident for me this year.

気持ちよく紹介頂いて、トントン拍子に話が進み納めることができました。

I delivered botan soon after I was accepted. 

「ロゴをきちんとつけた方がよい。」とのアドバイスも頂き作成したのがこのロゴプリントです。金色に輝くロゴです。とても立派です。

I gained the advice that I should prepare logo of rakuon at the meeting. The logo that glitters gold is below. So gorgeous!

画像1

チクチクと縫い付けて無事9月に納品いたしました!

I stitched it to the tip of Botan textile and supplied it in September.

脈々と作っていく方の仕事ですが、洛音がFashion-techになっても製造技法や手順、流通経路を押さえることは重要ですので、京都で良いものを作りつづけていくことを継続していきたいと考えています。

Manufacturing kimono will be continuous after rakuon glows up Fashion-Tech start-up in the near future. I assume that it is important for Fashion-Tech to absorb the skill and procedure of manufacturing and distribution route. 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

京都西陣にて着物を製造している洛音の武田み音のBlogです。ファッションデザイナー、服飾コーディネーター。テクノロジーと融合した持続可能な着物人口の増加を目指しています。京都西陣、着物、スタートアップ、テクノロジーなど洛音の日常を記します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。