【kimono note】 和菓子のデザイン

少し前にご近所で行われていた「和菓子のデザイン」が素晴らしかったので記しています。

I much appreciated " Design of Kyoto sweet exhibition" which was held  at near my apartment.   

有斐斎弘道館という文化的な催しを多々行なっている場所で毎年行われておりまして、優秀賞が再現されたうえで展示されておりました。

It was held in Yuhisai Kodokan. There are many cultural events every year. In the house  many sweets that got prizes were recreated and exhibited. 

画像1

見事な和の空間に和菓子がディスプレイされておりまして、ちょうど秋晴れの天気のなかで外からの光が和菓子の光沢や質感を増し芸術作品のように黄金色に輝いていました。

The rooms were so stunning. Its atmosphere and fine fall climate improve the brightness and fine texture of sweets and they were almost art made of gold. 

画像2

しばし堪能した後、日本庭園に寄ると日本的な緑、苔のような程よい湿度と深さのある緑が居心地が良く、浄化された空気を吸うとこれもまた心地よく良いひとときでしたので、今後着物のこと、デザインのことを考えるのに創造性が湧くこととなりました。

After I spent there for a while, I  walked through the Japanese garden covered with lichen. Its humidity and deep green  also purified me. And my creativity about kimono and design was much stimulated. 

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

京都西陣にて着物を製造している洛音の武田み音のBlogです。ファッションデザイナー、服飾コーディネーター。テクノロジーと融合した持続可能な着物人口の増加を目指しています。京都西陣、着物、スタートアップ、テクノロジーなど洛音の日常を記します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。