らくだみさこ

東北の山里に移住してきて22年。4人の子どもたちと過ごしてきた日々と、目の前に迫っている限界集落での奮闘を、豊かな自然の中から、みなさまにお伝えできればうれしいな、と思って始めました。どうぞよろしくお願いいたします。

真夜中に 雨音ごうごう袖を引く 父の逝った薄暗い階段

西の空 星のひとつに身をおいて つかんで放つ月面の光

秋空や 山猿一匹青柿を 吾に投げるか吾も投げるぞ

空は海 腕いっぱいの輪を描いて 白のない青どこまでも泳ぐ

保育園 白いカーテンお昼寝の 仲間に入れてミルク色の夢

白昼夢 言い訳できない陶酔に ひだまりの猫とじっと目が合う