RAKSUL DESIGN

ラクスル株式会社・デザイン推進室『RAKSUL DESIGN』の活動をお届けします。

RAKSUL DESIGN MAGAZINE

RAKSULに所属するスタッフが書いたデザイン記事を、まとめたマガジンです。

すべて見る
  • 12本

CXとUXの間をなめらかに繋ぎ、UXを磨き続ける大切さ。 Takramと考える『UXリサーチ』 ラクスル社内勉強会レポート

こんにちは、「RAKSUL DESIGN MAGAZINE」です。 ラクスルは2020年よりデザイン推進室を立ち上げ、全社横断でデザイン思考を実践する組織づくりを行なっています。 今年1月からは、デザイン・イノベーション・ファーム「Takram」と共創し、デザイン経営の実現に向けて日々取り組んでいます。第一弾として、ロゴのリニューアルも行いました。 デザイン経営を推進していく上で、ユーザー理解の基本となるのが『UXリサーチ』という考え方です。ビジネス観点だけではなく、ヒア

スキ
55

直帰率が高かったノベルティECページのデザインをアップデート。改善したお話

こんにチワワ、ラクスルのデザイナーの竹末です。 今回はノベルティECサービス(https://novelty.raksul.com/)で、チームにデザインをフルボッコにされ、改善を行った時のお話を綴ります。 「君の作ったデザイン、全然ダメ。」という話ではないので悪しからず。 僕はそう思ってる、そうであるはず、そう願っている。 課題発見 某日、広告からカテゴリーページに流入したユーザーの直帰率が高すぎるという事が課題に上りました。 広告からの流入は作れているが、直帰率が通

スキ
12

次の成長のためのタネ探し🌱 わたしたちのブレインストーミングセッション

こんにちは! RAKSUL DESIGN MAGAZINE です。 突然ですが、みなさんはブレスト好きですか? 私は高校でIDEO本に出会って以来、ブレストが大好きです。 私のチームでは、ゼロイチのプロダクトを進めるにあたって、ブレインストーミングセッションを行なっています。今日はどんな風にブレストを進めているか、ご紹介してみたいと思います。 なぜやるのか具体の前に少しだけ、なぜやるのか、について書いておきます。私のチームは、基本的にはアジャイル / リーンにプロダクトを作

スキ
4

副業をキッカケにRAKSULへ転職して3ヵ月間の試用期間が終了したのでご報告

10年間お世話になったDeNAを退職し、2022年2月よりRAKSULへデザイナー職で入社して無事に試用期間を終えた和泉(ジェイ)です。 転職に際して、採用関係、同僚の一部から人事職じゃないの?といったお声をいただいていたこともあり、改めてRAKSULへの転職の経緯と入社してからやってきたこと、これからの展望をご報告したいと思います。 自己紹介デザイン事務所で10年、ITベンチャーで3年、大学講師をしながら、さまざまな分野でのデザインを経験し2011年からDeNAにてMo

スキ
57