見出し画像

DMM版ウマ娘を60fpsで動かすやつ

[おことわり]
 本記事は外部のモジュールを導入して実現するものです。これを実行したことでDMMアカウントをBANされたり、PCが予期せぬ動作をしたりしても筆者は一切責任を取れません。すべて自己責任で行ってください。

[はじめに]
 これは、DMM版ウマ娘を60fpsで動かすための手順を簡単に説明するものです。これを実施すると、ホーム画面も育成画面もレース画面もライブシアターも、ウマ娘達が60fpsで動作します。PCの性能によってはそうはならないかもしれませんが。

ライブ画面での例↓

 センターのキングヘイロー率が6割を超えているのは顔がいいから。血統がいいと顔もいい(?)

[概要]
 umamusume-localify というモジュールを追加することで、本来ある30fpsのリミッターを解除することができます。

※元はゲーム内表記を一部中国語向けにローカライズするために作られたようで、フォントの入れ替えやゲーム内表記を入れ替えるための設定もあります。また、通常ウインドウの大きさを変更できない点を変更できるようにしたり、通常ウインドウ表示なのが自動でフルスクリーン表示になるという便利機能も。そのため、4Kディスプレイを持っていればライブシーンを4Kフルスクリーンで鑑賞できます。

[手順]
1.
 https://github.com/GEEKiDoS/umamusume-localify/releases に行ってRelease.zip をダウンロードし、解凍。
2021/05/16 現在の最新版は Test Release 5 らしい。

2021/6/4現在では、Test Release 6 が出ている。これには後述する
config.json が含まれていないので、Release 5をダウンロードして
配置してから、Release 6のファイルを上書きするのがよい。

2.
 解凍すると、3つファイルが現れる。
・config.json
・version.dll
・version.pdb

 これらを、DMM版ウマ娘のインストールフォルダ(umamusume.exe がある所)に置く。通常なら、 %USERPROFILE%\Umamusume になると思う。
もし上の記述の意味がわからなければ調べるか、それすら面倒くさいなら下の画像のごとく、[ファイル名を指定して実行]に %USERPROFILE%\Umamusume をコピペして[OK]すれば、該当のフォルダが出てくるはず。インストール先を変更している場合は別だが。

画像6

3.
 必要に応じて config.json を編集する。
ファイル内の記述については https://github.com/GEEKiDoS/umamusume-localify に書いてあるが、筆者は以下のように設定している。

画像2

・enableConsole(コンソール画面が表示される)と、enableLoggerは false。
・maxFps(FPSの制限を解除 or 指定値に固定)は、標準だと0(無制限)になっているが、通常のディスプレイなら 60(=60fps)に指定したほうがフレームレートが安定していいかもしれない。筆者の環境では60に固定した方がよかった。なお、144Hzなどで動く高速ディスプレイを持っていないので、60より上がどうなのかは未確認。
・unlockSize(ウインドウサイズを変更できる)は true。
・uiScale(UIの表示倍率設定?)は標準1.0のまま。
・replaceFont、dicts(中国語へのローカライズに関する設定)は false。
・autoFullscreen(自動でフルスクリーン)は True。これは16:9ディスプレイでは横画面だけ全画面表示になり、ディスプレイを縦回転した場合、起動時から縦向きディスプレイにウインドウがあると自動でフルスクリーンになる。ただしUIのサイズが画面サイズと合ってない状態になることがある(以下の写真参照)ので、その場合はuiScaleを調節して対処する必要がありそう。

画像5

4.
 終わったら、いつも通りにウマ娘を起動する。

[副作用]
 maxFps が 0 の場合、キャラクターの視線が時々あさってを向くときがある。原因は不明。

[その他]
 Geforce 環境の場合、NVIDIA コントロールパネルを使ってウマ娘インストールフォルダ内の umamusume.exe を指定し、設定をあれこれ変更するとウマ娘達のレンダリングを高画質にできるかもしれない。しかし4K60fpsだと、RTX 2080/RTX 3080でも以下の設定ではライブシアターでたまにフレームレートが落ちる。力が欲しい……

画像2

画像3

画像4

 設定面で『ココこうしたらええんちゃうか』という方は Twitter: @ragemax までお知らせください。

[追記]
 上のドライバによる設定をほとんどオフ(または規定)にしても、実際は4Kだと画質にほとんど差がなかった。しいていえば、わずかに輪郭のアンチエイリアスが効いているのがわかることと、垂直同期をオンにしておくとテアリングがなくなったかな……という感じ。お詫びして訂正します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
15
ブログに書いてもいいけど、たまにはこっちで書こうかという気になった時のやつ