【実践編】レーシングカートのトレッドと剛性
_実践編_トレッドと剛性

【実践編】レーシングカートのトレッドと剛性

レーシングカートのトレッドと剛性について、実践編の解説をしていきます。

ここでは、トレッドと剛性について、よく聞かれる疑問点と、リアトレッド1400㎜が良いと言われる中で、僕は1380㎜でYAMAHA-SSクラス2度目の優勝が出来た理由を解説します。

なぜリアトレッドを広げるとアンダーステアになるのか?

なぜリアトレッド広いとアンダーステアが出るのか?

リアトレッドを広げるとアンダーステアになるという印象の人は多いと思います。

なぜそう感じてしまうのか?

この続きをみるには

この続き: 4,369文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
【キクブログnext】では、より深く質の良いドライビングテクニックや理論を解説していきます。 誰でも見れる無料ブログでは隠したかったことも遠慮せずに書くので、リアルな僕からの情報を学ぶことが出来るのが強みです。 また、メカニック・アドバイザー的な内容になるので、対面だと1日2万円~必要になるのが一般的ですが、ネット上での関係性ということで月額840円になっています。

キクブログnextの記事が見放題になるマガジンです。 20歳でレースの世界に挑戦したとき、無理だと言われました。 全日本カート選手権に挑戦…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
菊池 宥孝 / Hirotaka Kikuchi

よろしければサポートお願いします。みなさんに、より良い情報を届けるため、頂いたお金は全て、僕のレース・ブログ活動費として使わせて頂きます。

ありがとうございます!これからもお役に立てるように頑張ります!
レーシングドライバー菊池宥孝です!レース活動と共に、ブログ執筆活動に力を入れています。ドライビングテクニック、理論を解説する無料ブログ【キクブログ】は、月間30000PVを突破しました。こちらの【キクブログnext】では、レースマニア向けにさらに深い質の高い情報を出していきます。