8種類の両踏み

ミスまで帳消しにする!? 8種類の両踏みをマスターせよ

キクブログnextのみなさんこんにちは!
今回は、ブレーキとアクセルの両踏みについてです。

両踏みをマスターすると、繊細なマシンコントロールが可能になり、ドライビングの幅が大きく広がります。
「今までどうしても滑らせてしまっていたコーナー」「しっかり曲げたいけど旋回速度を落としたくないコーナー」など、ドライビングの常識であるスローイン・ファストアウトが通用しないコーナーも多々あります。
そういったコーナーを攻略するためには、ちょっと変わったテクニックが必要になるのです。
今回は、ちょっと変わったテクニックの代表例である【ブレーキとアクセルの両踏み】について、
・レーシングカートで4種類
・フォーミュラカーで3種類
解説していきます。レーシングカートとフォーミュラカー、どちらでも使える両踏みもあるので、全て使いこなせるようになるとドライビングの幅が大きく広がります。

それでは早速解説していきます。

レーシングカートでの実践例

画像1

最初は、レーシングカートで両踏みをする時の解説です。
まず、「縁石に乗る時」の両踏みについて。

【レーシングカートで雨を走るコツ】ですでに紹介していますが、「縁石に弾かれないため」にブレーキを踏みながら動画内のS字の高い縁石に乗っています。ブレーキを踏むことで、フロント荷重を作り出すことが出来るので、縁石に乗った際にフロントが弾かれにくく安定します。

この動画で使っている両踏みは、「スピードを維持したまま、縁石に弾かれないための両踏み」です。

この場合、ペダルワークはこのような波形になります。

画像2

この場合、速度を維持するためにも出来るだけアクセルを緩めないことがポイントになります。

しかし、縁石の形状やコース特性、コンディションやライン取りによっても両踏みの仕方は微妙に変わります。また、レーシングカートとフォーミュラカーでも両踏みの仕方(考え方)は変わってきます。

ここから先は、会員限定記事で紹介します。月額840円で当月分から有料記事が見放題ですので、良かったら見てみてください。

今回は、僕のスーパーFJで両踏みを使った際のデータロガーも公開しています。普通、自分のデータロガーを公開するレーシングドライバーはいません。

僕は、購読者のみなさんに速くなってもらいたいので、積極的に公開します。

この続きをみるには

この続き: 5,115文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
【キクブログnext】では、より深く質の良いドライビングテクニックや理論を解説していきます。 誰でも見れる無料ブログでは隠したかったことも遠慮せずに書くので、リアルな僕からの情報を学ぶことが出来るのが強みです。 また、メカニック・アドバイザー的な内容になるので、対面だと1日2万円~必要になるのが一般的ですが、ネット上での関係性ということで月額840円になっています。

キクブログnextの記事が見放題になるマガジンです。 20歳でレースの世界に挑戦したとき、無理だと言われました。 全日本カート選手権に挑戦…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いします。みなさんに、より良い情報を届けるため、頂いたお金は全て、僕のレース・ブログ活動費として使わせて頂きます。

ありがとうございます!知りたいことなどは、コメント欄から遠慮なく☺︎
2
レーシングドライバー菊池宥孝です!レース活動と共に、ブログ執筆活動に力を入れています。ドライビングテクニック、理論を解説する無料ブログ【キクブログ】は、月間30000PVを突破しました。こちらの【キクブログnext】では、レースマニア向けにさらに深い質の高い情報を出していきます。