見出し画像

【好みは分かれるかも】春、夏にかけてオススメの古着:ボトムス編

最近は晴天が続き、クーラーを使用された方も多いのではないかと思います。

服装も薄手、半袖になってくるので、春、夏にかけて個人的にオススメの古着について書いてみたいと思います。


今回ご紹介するのは、こちらのブランドです。

画像1

Ocean Pacificの歴史は、1960年代にJohn Smithが立ち上げたサーフブランドを1972年以降に、Jim Jenksがサーファーのニーズを満たすアパレルブランドとそて再興したのが始まりと言われています。
当時、60〜70年代には西海岸をはじめ、世界を席巻したサーフカルチャーの一大ムーブメントは、日常からレイドバックした空気感を纏い、ボードショーツ、バギーパンツ、ビキニをはじめとする独自のスタイルを生み出していました。

オーシャンパシフィック、ご存知でしょうか?

ご存知の方でも、もしかしたら言葉を選ばずいうと、ちょっと垢抜けない感じのダサいアイテムのイメージがあるかもしれません。

ただ、中には名作と呼ばれるものもあり、今回ご紹介するのは、まさにOPの名作と呼ばれるコーデュロイショートパンツになります。

中でも私が今回ご紹介したいのは、~90sごろまでのヴィンテージです。

これは、以下で画像をご覧いただくとわかるのですが、ヴィンテージのものの方が丈が短いです。

<ヴィンテージ>

画像3



画像4


<現行>

画像5


現行のモデルも、現代的な感覚からいえば短い方だと思うのですが、

例えば上記の現行モデルが股下13cmに対して、ヴィンテージは股下6-7cm程。(もちろん個体差、もっと長いものもあります)

ざっくりヴィンテージの方は丈が短く、この短い丈とバランスをとるのに、長めのトップス(モデルさんお二方も、長めのものをチョイスされています)と合わせると絶妙に格好良いんです。

正直、合わせやすさという意味では現行モデルの方がバランスがとれていて、他のアイテムとの組み合わせがしやすいと思います。


ただ、微差ではありますがこのヴィンテージ独特の現代的でないというズレが、ファッションという観点ではいい味付けになってコーディネートの面白さが増すと私は思っており、今回現行モデルと比較をしながらご紹介させていただきました。

ヴィンテージの方は、メルカリ、ヤフオクや、Google検索で出てくる古着屋さんでアイテムとしては見つかると思うので、ご興味ある方は調べてみてください。

本当にこれは好み分かれる、というか多分現行モデルを好まれる方が多いとは思うので、こういうアイテム、着方もあるんだな、と知っていただけるだけでも幸いです。


本日は、春、夏にかけてオススメの古着として、オーシャンパシフィックのコーデュロイショートパンツをご紹介させていただきました。

それでは。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事をお読みいただきありがとうございます。 もし気に入っていただけましたら、スキを押していただけると嬉しいです。新しい記事を書く励みになります。

ありがとうございます、是非noteのシェアもお願いします!
5
■過去に古着屋勤務経験あり。 ■現在は港区でザ・リーマンとして働いています。 ■ファッション、古着について書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。