見出し画像

映画「かぐや様は告らせたい」を見た

第2回はいわゆるラブコメ映画の感想を。実は初めて観たんです、ラブコメ。観た理由としては、平野紫耀と橋本環奈の顔面偏差値の高さを映画館の大画面で実感したかったからなんだが、、、同じ理由の人って結構いるんじゃないかな?

一言感想は、「顔面で持ってる」。


ここから先はネタバレ含まれます。

嫌な方は控えてください。




とりあえず、主役2人の顔がいい。それは確かだ。その時点でこの映画を観る価値がある。気がする。素人なので、適度なミーハーなので。顔面アップのカットがたくさんあるので、ファンの方は十分拝めたのではないかと思う。私は別にファンではないが、はあ〜これが日本の宝か〜ぐらいには顔の良さに感心しました。くそっ、あんな顔面欲しいぜっ.......!!!


で、早速で申し訳ないんだが、少し気になったところを述べていきたい。

まず初っ端から!かぐや(橋本環奈)と御行(平野紫耀)が廊下を歩きながら他の生徒たちに挨拶をするシーン。御幸くんの!平野くんの!!声が!!!掠れてる。え?あ、いや、本人の声に文句を言いたいんじゃない。それは違う。そうじゃなくて、これ撮り直せば普通にできたよね?っていう感じで、文句を言いたい。たぶん1回目の「ごきげんよう」は普通にセーフレベルだったけど、2回目で音が抜けてた、つまり掠れてた。これは違和感感じるよ?監督、気にならなったのかな?とにかく、個人的には記憶に残ってます。


次は中盤だったかな、佐藤二朗のソーラン節。笑わそうという魂胆見え見え。なんか冷めてしまった。面白いと思う人はいるのかもしれないけど。佐藤二朗さんは悪くない。嫌いじゃないし。ただ、佐藤二朗さんは、主人公たちの間にすっと出てきてそのユーモアある喋りで笑いを誘うっていうのが1番面白いイメージなんで、単純に演出が好きじゃなかったってだけかな。まぁ、そんなに佐藤二朗さんのこと知らないし、出演作品も「今日から俺は!!」くらいしか見てないから、なんとも言えないな。


あとは終盤あたりにあった、白銀御行の名言集。尺稼ぎにしか思えなかった。まあ、平野くんのファンには需要あるかもしれない。


全体的に観て感じたのは、やはり原作が漫画である作品を実写化して面白くするのは難しいのかな、ということ。表現の所々に、「漫画的だな」、「漫画の方が面白いだろうな」と感じる部分があった。


個人的に好きだったシーンは、生徒会の一員である石上くんの「殺される前に〇〇します」というところ。その前フリのかぐやの表情も合わせてよかったと思う。

あと、映画館のシーンは本当にかわいそうだった。2人とも素直になれば隣に座れたのに!まぁ、素直になれたらこの話、おしまいなんですけれども。

会長選挙演説の時の、御行のソーラン節もよかった。生徒たちが笑っている中で一生懸命踊る姿から、かぐやへの想いが伝わった。

キャラクターでは、早坂さんが好きだった。まさにクールビューティー。ドラマ「3年A組」での水泳部部長とは全然違った顔を見れて、やっぱ俳優ってすごいなと思った。

あと、御行のお父さんが1番面白かったかな。チョイ役だったけれど、インパクトでかかった。御行と対象的な感じをしっかり活かせていたと思う。


今回はこのくらいで。時間が空くと思い出せることが少なくなっちゃうなぁ。

アニメ2期が決まったとのことで、おめでとうございます!1期を見たことないけど、見てみよう。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

映画を見た感想を記録するため、note始めました。マニアとかではなく、ただの素人です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。