見出し画像

ソフトバンク光から楽天モバイルへ乗り換え作戦(導入編)

昨日に書いた「ソフトバンク光から楽天モバイルへ乗り換え作戦(背景編)」の続編となります。

Rakuten Mini + eSIMで無事に我が家にも楽天モバイル回線が到達しました。前回も記事に書いたように、今回の楽天モバイルの導入は携帯電話としての導入ではなく、光回線の代替です。

利用をはじめて2日とまだ日が浅いですが、使用感を簡単に書いてみようと思います。

楽天モバイルの上りがソフトバンク光の倍速

まず肝心の電波ですが、我が家で測定した限りでは十分でした。速度は以下のとおりです。下りはソフトバンク光と比べたら物足らなく感じますが、FireTVでYouTubeの動画を流し続けてみたのですが特に不便は感じませんでした。

・楽天モバイル:下り 31.17Mbps 上り 30.41Mbps
・ソフトバンク光:下り 49.10Mbps 上り 15.96Mbps
・ソフトバンクモバイル:下り 34.68Mbps 上り2.19Mbos

特出しているのは上りです。光回線の倍程度の速度が出ました。あまり大きなファイルをアップロードする機会はないので、体感できる速度では無さそうです。週明けにWEB会議があるのでそこで存在感の発揮を期待できます。

ターゲットは5Gなので、現状の楽天モバイルの速度に一喜一憂する意味はあまりありません。一方で、料金プランも明らかになってないので6月にすぐ5Gを導入できるかは分かりません。もし5Gを見送るとなっても、楽天モバイル回線を家回線として利用できそうで安心しました。

テザリングでも安定

Rakuten Miniのテザリング昨日を利用しています。家回線として利用するに当たっての不安の1つがテザリングの安定性でした。

iPhoneもといiOSの場合、テザリングは接続がないと勝手に切れてしまいます。外でMacを広げて利用している分には全く問題がないのですが、家回線でこの現象が表れると厄介です。

結果としては合格でした。Androidでは接続がないときでもテザリングを継続する設定があります。外出から帰ってきてもすぐに楽天モバイル回線でインターネットが可能です。

RakutenMiniを家回線として利用するには十分でした。

作戦続行の見通し

現時点での総合評価は合格です。もう少し様子を見た後、問題なければソフトバンク光の解約手続きに着手します。

1つ懸念として、部屋をまたぐと電波が格段に弱くなります。テザリングなので予想もしていた当然の事態です。これに関しては中継機を購入してしのごうと思っています。元々ソフトバンク光のルーターでも部屋をまたぐと電波が悪くなる問題は生じていたので、いずれ必要になるものでした。

とりあえず「ソフトバンク光から楽天モバイルへ乗り換え作戦」の導入にあたってのエピソードは以上です。また何か記事にできそうな逸話があれば書こうと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
サッカーを主にスポーツ観戦がライフワークになってるWEBエンジニア。メインで応援してるチームは東京ヴェルディ、スペリオ城北、FC岐阜。健康維持のために年一でフルマラソンに挑戦。岐阜市出身、津田沼経由の板橋区民。「内容が薄くても書き続ける」をテーマにしてノンジャンルで執筆します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。