見出し画像

【Race Preview 】2018/6/23-24 全日本選手権 ロードレース MJ(男子ジュニア)/MU23(男子U23)/ME(男子エリート)

[スタートリスト]
http://jcf.or.jp/wp2012/wp-content/uploads/downloads/2018/06/01fcc9c855bc13c947e7b8f257ec2104.pdf

[コース図]

一周は14.2km。
MJ(男子ジュニア)は6周回=85.2km
MU23(男子U23)は11周回=156.2km
ME(男子エリート)は15周回=214.5km
で争われる。

スタートから約3kmは5〜8%程度と思われるなだらかな上りが続き、その後は4km地点付近まで見通しの良い下りとなる。
その先は再び上り区間となるが、序盤に比べて上りの距離が短く、上った後に下りがあるなど比較的こなしやすい。
約6km地点で左折してからは一気に道幅が狭くなるため、約7km地点にある牧場までの短いが12〜14%程度と思われるパンチの効いた上りとその後のテクニカルな下りで集団が長く伸びる可能性も考えられる。
8km地点手前で県道171号線に出てからは、ゴールの14.2km地点まで基本的にほぼ一定の道幅の平坦基調だが、曲がりくねったレイアウトとなっており見通しがあまり利かないため、ここまでに逃げができていれば差を広げることが出来そうだ。
去年の青森などと比べると上りの厳しいコースではないため、個人の力量勝負というよりはチーム力で展開をコントロールしやすい印象。また、一周単位だと一見スプリンターも含め全ての脚質にチャンスがあるコースに見えるが、実際には男子エリートで約3,750m、男子U23で約2750m、男子ジュニアで約1500mの獲得標高となるため、最終局面に残るのはタフな選手のみになるであろう。
(※獲得標高は6/23に修正。)

以下は注目の選手など
(ゼッケンNo./氏名/所属)

6/23(土) 9:00-
〈MJ(男子ジュニア)〉6周=85.2km
601 日野泰静(松山城南高校)
602 日野凌羽(松山城南高校)
617 椎貝竜哉(那須ブラーゼン)
618 小野寺慶(ブラウ・ブリッツェン)
642 小笠原匠海(EQADS)
652 香山飛龍(横浜高校)

昨年3位、4位だった松田祥位(現:EQADS)、佐藤健(現:日本大学)がU23に昇格したため、去年ワンツーを決めた日野兄弟が最有力か。Jプロツアーを主戦場とする椎貝竜哉、日本ナショナルチームとしての活動がメインの小野寺慶、小笠原匠海、香山飛龍にも注目したい。

6/23(土) 12:00-
〈MU23(男子U23) 〉11周=156.2km
301 野本空(愛三工業)
302 山本大喜(KINAN Cycling Team)
303 小山貴大(シマノレーシング)
305 中田拓也(シマノレーシング)
311 白川幸希(ヴィクトワール広島)
320 松田祥位(EQADS)
326 石原悠希(順天堂大学)
327 大前翔(慶應義塾大学)
333 草場啓吾(日本大学)
336 武山晃輔(日本大学)
349 佐藤健(日本大学)
363 孫崎大樹(早稲田大学)
364 中川拳(早稲田大学)
375 中井唯晶(京都産業大学)
392 冨尾大地 (鹿屋体育大学)
394 徳田匠(鹿屋体育大学)
401 石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)
403 渡邉歩(GSC Blagnac Velo Sport 31)
404 西寅太郎(Ljubljana Gusto Xaurum)
410 大町健斗(Team Eurasia)

今年のアジア選手権U23ロードの覇者であり、先週の全日本TTでも優勝した山本大喜が実績的には優勝候補筆頭だが、ゼッケン321番までのプロチーム所属選手や401〜414番の海外活動主体の選手は、ほぼ単騎での戦いを強いられるため人数を揃える有力大学の選手とどう渡り合うかが焦点となる。
特に草場啓吾、武山晃輔、佐藤健らTOJに選抜された強豪選手を含む最多人数での参戦となる日本大学や鹿屋体育大学、京都産業大学などの組織的動きが展開をどう動かすか、また学連の有力選手であり全日本TTで2位、3位だった石原悠希、中川拳がリベンジを果たせるか等、注目点は多い。

6/24(日) 9:00-
〈ME(男子エリート)〉15周=214.5km
Coming Soon?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございました。 拙い文章ですが、記事を読んで国内の自転車選手を応援したい、現地観戦に足を運んでみたい、と思っていただけたら最高に嬉しいです♪

「スキ」ありがとうございます♪ 頑張ります!
ツール・ド・フランス🇫🇷を始めとするヨーロッパのロードレースも良いけれど、日本🇯🇵のロードレースも面白い!!国内最高峰のリーグである『Jプロツアー』と国内で行われるUCIレースを中心とした情報共有を目指してます。roadracejapan@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。