見出し画像

近況と雑感

えらいことになってから、随分と月日が過ぎたような気もするけど、カレンダー見てみると、まぁ大して時間は経っていない。

生活や仕事はこの2ヶ月ほどで大きく変わったと言えば変わった部分もあるけど、私自身は大して変わってない。いわゆる外出自粛している他は、ライブやイベント、興行の仕事が無くなったことと、会社の行く先や近しいスタッフや音楽家たち、ライブハウスの人たちなんかのこれからの生活のことを案じていることくらい。

コレをきっかけに大切なことに気づいた、とか、今出来ないことをとても大事なことだったと思う、とかもあまり実感として無いかも知れない。不感症なのかな。

もともと大事なことは大事、と知っていたということにしておこう。

世界各地から悲しいニュースがなだれ込み、近いところでも誰かが廃業したとか、アレが原因で差別が起こったとか、あちこちから色々聞こえてくるけど、薄眼で観てる。辛いね。右往左往しているように見える為政者に腹立つこともあるけど、そんなん前から同じで、腹立つと同時に感謝してることも多少はある。

イメージで簡単に人の政治思想に干渉する人は好きじゃないし、同時に、ホントに全ての人が声を上げる機会を潰してはいけないと思う。生活はみんな違うんだから。

こんなご時世、行く先明らかにヤバそうなのに、一応ちゃんとやることあって毎日生きてる実感あるのは、関わってる多くの人たち(あるいは、コレを読んでいるあなたたち)の支えあってこそだと思うと同時に、私はただただ、目の前のやることしか元々やってないし、それしか出来ないから、ちょっとずつ出来ることを増やす努力だけはずっとしてるから、まだギリギリ頑張れてる。

とにかくシャバ(ライブの現場とか、華々しい芸能チックな場所)から、すごく遠ざかってるので、そこが恋しいというよりは、忘れつつある。すぐ忘れる方なので。華々しい芸能チックな場所は、感覚的にもう3年以上離れてるかも。

毎月家にわざわざ送ってくれるJAPAN誌(連載してます)を読んで、若手バンドの写真とかインタビュー読んで、キラキラした彼らをちょっと心の中で応援してみたりとか。

六本木ヒルズとか、表参道とか、三茶のバーとか、昔は当たり前だった景色を忘れてるなぁ。みんな元気かなぁ。

えらいことになる数年前から、何となく自分の「新しい生活様式」の試行錯誤を繰り返していた私は、苦労も尽きないけれど、得るものの多さに身震いがする毎日。

「専業ミュージシャン」として成し得た成功のリスクは、音楽を作ること以外は何も出来なくていい、という状態を長く続けたことだった。

音楽以外からのインスパイアは無くなり、音楽のためだけに生きていたんだろう。それはそれで素晴らしいけど、こんな時代にそれでは他人に迷惑掛かるし、あと何よりも勿体ない。

ステージ上で感じる「孤独」や、楽曲制作の渦中で感じる「孤独」は、時に気持ちの良いものだったりもする。

それは、多分私自身が、「私にしか見えていない場所」に居るからだ。だから、それは私が普段毒蛇の研究をしたり、オイカワやアブラハヤを捕まえたりしていることとあまり変わらない。誰に話しても相手にされないものだ。

それでも、やり切ると、必ず何かになるということは、私は音楽を作ることをもって、それを良く知っているつもりだ。余裕なんてぶっこいたことない。毒蛇の研究でさえ、洋書翻訳しながら読んでるくらいだから。誰のためでもなく。

世の中の「成功」や、「豊かさの基準」みたいなものが、これから大胆に変わっていくことだろう。

音楽の魅力は、それはそれは変わらないように思う。元々素晴らしいものは、絶対的に素晴らしい。そして、その素晴らしさに埋もれている、まだ誰にも発見されていなかった素晴らしさに、誰かが気付くだけなんだろう。

『thaw』のCD、来週発売なので買ってください。未来への投資だと思って。

下のリンク、私が教員を勤めている大学の学長のインタビュー記事です。雇い主の話なんで忖度くさくてちょっと躊躇しますが、えらいことになってから読んだ記事で個人的にいちばんおー、と思った記事です。

https://t.co/NefBWU7lZF

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
614
【くるり official note】ロックバンド・くるりのnoteです。

こちらでもピックアップされています

岸田手帖
岸田手帖
  • 19本

岸田の公開手帖です

コメント (5)
京都精華大学長さんの記事、とても興味深く拝読しました。教えてくださってありがとうございます。どんな箱でどんなコンサートが可能になるかまだわかりませんが、やはりくるりの生演奏が聴きたいと思いながら「thaw」の発売を待ってます。(せっかくCD買うので、配信で聴いていないのです。モリタさんとこで買うので缶バッチ付き!)毒蛇研究、"venom"は頻出単語なんだろうな。人のいない気持ちいところでお散歩できますように。
「ステージ上で感じる「孤独」や、楽曲制作の渦中で感じる「孤独」は、時に気持ちの良いものだったりもする。」
いつか、この辺りの話を詳しく聞きたいです。
制作で孤独を感じるのは想像出来るのですが、ステージでも孤独を感じているとは知りませんでした。見てるこちら側は勝手に一体感を感じていましたので。
例えば、お笑い芸人が、恐ろしく滑った、とかならステージ上で孤独を感じるでしょう。でも、岸田さんの音楽を聞くために沢山の人が集まっているのに孤独を感じ、そしてその孤独が「気持ちの良いもの」である、と言う話は、ステージに立たないものにとっては、とても興味があります。
価値観が変わる世の中で
音楽は変わらないという言葉
とても心に残りました。
この記事を投稿されてから、早1ヶ月が過ぎて世の中の動きも変わって来たり、継続されているものがあったり。
最近はコロナ禍以前に比べ、様々な声が聞こえ易くなりました。(隠れてることなんてまだまだ沢山ありそうやけど…)
岸田さんの紹介されてた千種さんの記事が興味深くて、わたしがくるりの「心のなかの悪魔」のPV(鳥飼さんすきです♡)を観た時に「わたしは亀やなぁ。」と思ったことを思い出して、自分のことを悪魔やと思ってたんかー。って千種さんの悪魔試論で少し納得しました。
そんなわたしでも、現状下ではやるべきことを毎日淡々とコツコツとやるのみと思いつつ日々を過ごしております。雑感。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。