見出し画像

近況と雑感

日焼けしてる。腕と足の甲。足の甲はサンダルの紐部分が綺麗に焼型ついてる。

スタジオでは独り篭って編曲や編集、たまに楽器をポロポロ爪弾いたりする程度。それ以外の時間は大学のオンライン授業を自宅の部屋で。

それ以外は家事をちょろっとするのと、散歩は山か川へ(誰もいない場所にしか行かない)。赤提灯にも温泉にも行ってない。

メンバーやスタッフとは、専らオンラインか電話。あとメール。佐藤さんとファンファンには、3月頭以降リアルには1回しか会っていないけど、いつも心は一緒に居る気がしてる。

むしろ、えらいことになる前よりも話してる気もするような。まぁ、そんなもんですな。

期末(前期は授業全部オンラインやった…)の成果発表に向けて、学生たちは作品を作り上げたけど、それぞれ面白いなぁと思いながら聴く。

作り手はしばしば「個性」という呪いの言葉に絡め取られて、時に作品作りが良からぬ方向へ進むこともあるけど、学生たちの作品を聴いていて思ったのは、良いものは全部似ている何かがある、ということだった。「息遣い」を感じられるものは、全て美しい。

私が授業で学生たちにしつこく言っていることは、「横の流れ、つまり時間軸を意識しよう」ということと、「自分を主人公にせずに歌詞を書いてみよう」ということ。

そのふたつは、実は私が苦手としていたことで、ずっと試行錯誤していたことなんだけど、教えているうちに、自分でも少し出来るようになってくる。

自分が努力もせず自然に出来ることは、なかなか人に教えることが難しい。だから、自分が出来なくてもがいてることを必死に教えるほうが、実は簡単。そして何よりも、自分自身も技術やノウハウを得ることが出来るし。

良い歌詞が書きたい、良いメロディが書きたい、カッコいいコード進行を作りたい、と皆言うし、私も常日頃思うけど、メソッドとしてはそんなに難しいことではないと思う。

始まりのテンポや空間を捉えて、そのまま自然に逆らわず筆を進めて、カデンツ(終止形)にしっかり落とし込むこと。

ルー・リードが昔言うてたけど、EコードとAコードの繰り返しは本当に美しい。ロックやねぇ。私もそう思います。シンプルなカデンツは繰り返すとポリリズミックにも聴こえ、魔法がすぐにかかる。

ロックがやりてぇ。大音量で。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
433
【くるり official note】ロックバンド・くるりのnoteです。

こちらでもピックアップされています

岸田手帖
岸田手帖
  • 19本

岸田の公開手帖です

コメント (3)
今年の1月の渋谷クラブクアトロの、岸田さんの「東京」を思い出しました。あんなにたくさんの人が間近で一体となって音を楽しむことができたこと、いまとなっては夢か何かのようです。
山や川が近くにあるっていいですね。製作や音博がんばってください。
今この時間や今のこの季節。皆んなが感じて過ごしている時間軸のことって、ふとした時に思うことありますね。自分を中心に置かないという意味で、たいせつなことやと思います。
やりてぇことやたべたいものやあいたい人やいきたい場所。。欲望があるうちは人間、元気なんだと思います。
そろそろ、くるりのライブが生でみてぇなぁ。。とふと思う日々です。
狭くて蒸し蒸しするライブハウスで眼鏡を曇らせた岸田さんがギターを弾いてるのが見たいです。「すけべな女の子」が聴きたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。