見出し画像

親の英語力のこと。

こんにちは、故郷(ふるさと)です。

故郷は親の英語力が高くなくても英語育児は出来ると考えています。

もちろん親がネイティブスピーカーだったり、高い英語力を保有していたりというような家庭と同じような英語育児はできないかもしれません。

しかしあなたとお子さんなりの方法を見つけて、効果のある英語育児をすることは可能だと思っています。

英語の絵本を読むのに高い英語力は必要ありません。特に子供がまだ小さいうちはうです。誰しも中学生の頃に一度や二度は英語の授業で朗読をさせられたかと思います。英語を読んだ経験があるはずです。

発音が、という意見が聞こえてきそうですが、今の時代はいくらでも英語のコンテンツが無料で手に入る時代です。自分の英語以外のインプットも簡単に与える事ができます。

お子さんの興味にあったコンテンツを探すのは少し大変かもしれませんが、それはあなたにしかできない大事な仕事です。お子さんを一番知っているのはあなたです。

ただ忘れないで下さい。CDも動画もSkype英会話も英会話教室も、お子さんの一番近くにいるあなたの積極的な取り組みがなければ、無意味なものになってしまいます。

どんなに便利な世の中になっても、きっとそこだけは普遍です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Twitterでも英語の絵本を紹介しています!お気軽にフォロー下さいませ~🎵

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

マガジンを2つ連載中です。良かったらご購読ください。
はじめまして。故郷(ふるさと)と申します。英語が好きな二児の母です。二人の娘(マルメロと月)の英語のことを書こうと思っています。英語教育や英語絵本に興味のある方もそうでない方も、是非フォローさせて下さいませ、して下さいませ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。