自分を被害者にする恋愛の恐ろしさ
見出し画像

自分を被害者にする恋愛の恐ろしさ

恋愛マスターくじら

昨日ブログで恋愛相談に回答したのだが、これを書きながら思うことがあった。

自分を被害者にしてしまうことによる、恋愛の弊害だ。

自分を被害者にすると、自分は被害を受けた側なんだから相手に何をしてもいいという考え方に行き着いてしまうことが多い。

私は浮気をされたんだから彼を傷つけてもいいとか、殴ってもいいとかになってしまう。

これでは結果的に自分が加害者になってしまう。

人間は自分を被害者認定している時のほうが凶暴になるのだ。

いわば、正義が自分にあるという思い込みがある人のほうが攻撃的になるのと同じだ。

悪いのはそっちなんだから批判されて当然とか、殴られても文句は言えないはずなどという暴力的な発想になってしまう。

この続きをみるには

この続き: 731文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マガジンは月に2本以上読むなら定期購読のほうがお得です♪

週に1本(月4回、1記事3000文字以上)の渾身の恋愛コラムに加え、日々更新される軽めの有料記事も全て読めます♪(登録月分より) 月額88…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとう!「運命の人は現れるんじゃない、決めるんだ!」
恋愛マスターくじら
芸人。恋愛マスター。【恋愛マスターくじらの公式LINE】登録者2万人突破。https://lin.ee/sUvOUQc 【くじら結婚相談所】http://quddila.net著書2冊、細かすぎてモノマネ。ブログhttps://ameblo.jp/quddila/