関わった以上、どこまでこの人を愛せるだろうか
見出し画像

関わった以上、どこまでこの人を愛せるだろうか

恋愛とは相手よりも自分側に重心を置くものだ。

ここを勘違いしている人が本当に多い。

「ダメ男ばかりを愛してしまう」

こんな相談をたまにもらうが、これすらも相手に重心が乗ってしまっている。

これは自分側のことで考えれば、「私はダメ男を愛せるくらいの器を持っている」というポジティブな内容になる。

人を愛する能力が高いということなのだ。

ダメ男との恋愛はもちろん苦しいだろう。

しかし、それでもなんとか自分のバランスを維持し、彼を愛し続けているのだ。

みんながとっとと逃げ出す中、あなたは愛の渦中にいたりするのだ。

これは紛れもない愛の才能だろう。

自分の愛に常に重心を置いていれば、恋愛の景色は変わっていく。

相手を評価し、条件を査定し、異性をオーディションするような恋愛の仕方ばかりしている人に愛の意味はわからない。

関わった以上、どこまでこの人を愛せるだろうかという挑戦をするのが愛なのだ。

この続きをみるには

この続き: 601文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する

2021年8月に配信された全記事を一気読み出来ます(^^)全23本!

マガジンは月に2本以上読むなら定期購読のほうがお得です♪

週に1本(月4回、1記事3000文字以上)の渾身の恋愛コラムに加え、日々更新される軽めの有料記事も全て読めます♪(登録月分より) 月額88…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとう!「思い通りの恋愛より、思いもよらない恋愛を楽しめ!」
芸人。恋愛マスター。【恋愛マスターくじらの公式LINE】登録者2万人突破。https://lin.ee/sUvOUQc 【くじら結婚相談所】http://quddila.net著書2冊、細かすぎてモノマネ。ブログhttps://ameblo.jp/quddila/