ビールとナッツをバケツにいっぱい

83

ゴールの見えない体型維持を続けるには

こんにちは、ちょいとnoteをお休みしていました。辞めるつもりはないのでご安心を・・・ちょっと息抜きしていました。

っていうかね、聞いてくださいよ。体重がすっごい増えてたんですよ。去年の今頃はがっつり痩せていて(毎日馬車馬のように休憩なしで働いてて、昼ご飯抜きだから痩せますわな)それより増えたわけですよ。もうね「超」増えた。もうレッドゾーンを超えそうで、体重計の数値を見て打ちひしがれるしかなかっ

もっとみる

座る場所がない時

みんなはセルフ式のコーヒーショップチェーンに入ったら、先に席を取ってからドリンクをオーダーするレジに向かうだろうか。

私は、お店に入ったら店内を見渡して、席に座れるかどうかを判断して、席が無くなってしまうかもしれない・・・と不安に駆られながらレジでオーダーと支払いを済ませて・・・から席を取るようにしている。それがスマートな気がするからだ。もちろんお目当ての席に上着やカバンを置く、いわゆる「席取り

もっとみる

昼寝のすゝめ

春眠暁を覚えず・・・云々

これは夜の睡眠を詠った詩だけど、昼寝をついついしてしまった時に、言い訳の様に言ってしまうと思う。

春は眠い。春は自立神経が乱れやすい・・・と思う。季節の変わり目のありがたくない恩恵は年々増えている。桜がとてもきれいで、なんでもない近所の公園を歩いているだけでも心がトキメクのに、体調不良は徐々に顔を出すようになってきた。

なので言い訳をするようだけど、

30分だけタ

もっとみる

豆ごはん

野菜売り場に、春の野菜が並ぶようになってきた。年々野菜売り場の季節の先取り感が増しているような気がしないでもないけど。ああ春なんだなあ、としみじみ思いながら、袋に山盛り入った「うすいえんどう」の特売のPOPが目に入った。毎年、この時期になると子供の頃の懐かしい手仕事を思い出して少し切なくなる。

・・・

母がザルに入れたうすいえんどうと、チラシを持ってリビングのテーブルに座った。私はそれを横目で

もっとみる

小さな達成感を積み重ねて

小さな達成感を積み重ねて、一日一日を生きていると思う。

昨日書いた記事の中で

何をやっても「達成感」がない、と書いた。

書いた後に、改めて思った。どんな小さなことにも「達成感」はあるんだな〜と。

本当に当たり前すぎてくだらない事かもしれないけど、歯をキレイに磨いた!とか、トイレいった!とか手をキレイに洗った!とか。そんな日常生活の当たり前すぎる些細な事にも達成感がある。

デキゴトの終わり

もっとみる

何もかもしっくりこない時、ジャンクフードを食べてみた

昨日はなんとなく朝からぼーーーっとしていた。超低血圧の恩恵を受けてしまったような朝だった。むっちゃくちゃ眠い。娘の学校が休みだったので私も仕事を休んでいた。ラッキーかどうかは人によるけど、せっかくの休みに眠くてだるいなんて・・・損した気分だった。

朝からだるくて、朝ごはんも食べれずに朝の掃除と洗濯を終わらせる。だらだらやってしまって終わったのが9時半だった・・・いつもなら8時には終わってるのに・

もっとみる

キッズYouTuberが毎日続けることの大切さを教えてくれた

旦那と娘を送り出してから、ほっと一息つく間もなく掃除をささっと終わらせて、リビングのいつもの定位置に座った。身支度をするためだ。掃除をしている間はテレビは消している。ぼーーっと見てしまう事があって時間をロスするからだ。気づいたら8時を過ぎていて・・・と、焦ったりすることが嫌だから。テレビの電源を再び入れる。いつものワイドショーがちらっと映るがそれは見ない。ワイドショーは好きじゃないから。テレビのリ

もっとみる

スマート新書の「必要最小限のワイン入門」がよすぎたのでお勧めしたい話

ブログ等で文章を書くようになってから、本を読むことを再び意識するようになりました。今までは推理小説は読んでいたのですが、なんとか入門とかビジネス書などは読んだことがなかったのですね。おいおい、って感じですかね?結構そういう人は多いと思います。

スマートフォンサイズで30分程度で読める、というのが魅力的だなと思いました。実物はまだ購入していないのですが、kindle版で読みました。

他にも購入し

もっとみる

おやつは15時がいい

インスタで話題らしい「たべる牧場ミルク」を発見したので買ってきた。

トッピングするのが流行りらしい。写真のためにトッピングしてみた。いちごのあまずっぱさと、トッピングに使ったミレービスケットの程よく固い食感と甘じょっぱさと、ミルクアイスクリームのすこし濃厚ですっきり感のある甘みが最高だった。

しかし食べた時間がいけなかった。16時ぐらいだった。娘と一緒に食べようと思って、待っていたのだ。

もっとみる

手帳ギライの私が手帳を買おうとしている

タイトルそのまんまである。手帳を持たない主義なのだけれど、手帳を買おうか悩んでいる。noteの記事を読むとよく目にする「ほぼ日手帳」という単語から、手帳に対する興味が再び沸いた。

手帳をマメにつけていたのは、多分17歳ぐらいの時。バイトのシフトを記録するために購入したのを覚えている。きれいなエメラルドブルーのカバーで、1か月カレンダーの手帳。今でこそ100円ショップで色んな種類の手帳が買えるが、

もっとみる