家出猫町

ムサビ通信2年(休学中) 日本画コース志望 機能不全家族 うつ病 パーソナリティ障害 #写真
    • 流山市覚書

      • 209本

      流山市で起きた件に関する覚書です。試し書きのため非開示になったり開示されたりします。

    • ZINIZ

      • 131本

      コロナ禍の時期に始めました。「コロナ禍日記(仮)」昔書いてフォルダに放っていた文章も載せてます。

    • 90s -90年代私的名曲蒐集マガジン-

      • 140本

      90年代に発表された洋楽邦楽問わず名曲と言われる作品を私的に蒐集した懐古的マガジンです。

    • 「明るい部屋」(写真置場)

      • 63本

      自分で撮影した写真を置いています。コロナ禍の日乗のスナップ写真です。

    • Smart Camera mode.

      • 9本

      (1)~(9)-[']Smart Camera mode.(iPhone6s+)2019/2020 写真

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

流山市役所障害者支援課と社会福祉課の職員は俺とどう関わればいいかわからないらしい。そりゃそうだ。千葉県の調査/調整を拒否したってことは暗に悪い事やってることを認めたってことだから。公務員同士庇い合ってる醜さ。

未だに国が正しいと思っている「ピュアな人」が千葉県の地方公務員には多いらしいことがわかってきた。同世代でもそんな人がいるので少しは客観的に自らの悪を見つめる努力をしたらいいのに。

ほっとねっとと千葉地方法務局人権擁護課には知的障害や重度の障害がある人の相談が多いらしい。私には知的障害はないがそれを理由に千葉地方法務局人権擁護課は私もそのように扱っているらしい。このことから千葉県では障害者に対する虐待が多いことが分かるし、対応もできていないことが分かる。

用事があって千葉地方法務局人権擁護課に連絡したけど変だった。相談に乗らない理由も明確ではない。矛盾してる。理由を説明もしてくれなかったし。実際相談に乗ってくれてなかったということらしい。「市長に相談するように」「メディアに出すように」言ってたけどアレはどうなったのか。

立原道造『立原道造詩集』(ハルキ文庫)を読んで

 立原道造が生前に発表した詩集は『萱草(わすれぐさ)に寄す』と『暁と夕の歌』の二つしかない。その二つの詩集によって第一回中原中也賞を受賞した一月後に道造は結核で死…