サボタージュ(2014)感想

ご存知シュワちゃんこと、アーノルド・シュワルツェネッガー主演のサスペンスアクション映画。
アガサ・クリスティの推理小説『そして誰もいなくなった』が原作ということになっているけれど、内容はまったく別物で「原作」というより「原案」といった感じ。
監督は『フューリー』のデヴィッド・エアー。

あらすじ

ジョンのチームは、麻薬組織を摘発するために要塞と化した危険なアジトに踏み込む任務に挑む。しかし、その裏で彼らは2億ドルの闇資金から1000万ドルを持ち逃げするという計画を立てていた。

仲間の一人を失うも、闇資金の一部を下水に隠すことに成功したジョン達だったが、その夜回収に向かうとすでに1000万ドルは何者かの手によって持ち逃げされた後。
しかも闇資金が足りないことが発覚し、持ち逃げを疑われたジョン達は、内務調査局の取り調べを受け、麻薬取締局内での信用を完全に失ってしまい、部下たちは謹慎、ジョンはデスクワークに回されていたが、半年後、証拠不十分で彼らのチームは元の任務に復帰することが決まる。

任務復帰のお祝いに、街でしこたま飲み明かした彼ら。
ところがその夜、チームの一員であるパイロ(マックス・マーティーニ)が何者かの手によって無残な死を遂げる。
彼が泥酔していたことから、警察は事故と判断するが……。

シュワちゃん主演ということで、シンプルなアクションものかと思ったら、サスペンスミステリー要素の強い映画でした。

知事から俳優に復帰後のシュワちゃんは、わりと陽性のキャラクターを演じてきたけれど、今回の役どころは「見えない敵」にチームの仲間を次々殺され、事件の捜査にあたっている女刑事、キャロライン・ブレントウッド (オリヴィア・ウィリアムズ)とともに犯人を追うという、ゴリゴリにシリアスな役どころ。
しかも、シュワちゃん演じるジョンは、その手腕を恐れた麻薬カルテルに妻子をさらわれ、残酷な拷問の末殺されるという暗い過去を持っています。

還暦を超えすでに実年齢70近いだけに、アップで映ったときの『おじいちゃん感』は否めませんが、今回の役どころは「歴戦の勇者」なので、貫禄がある分、むしろプラスの方向に働いている印象でした。

監督のデヴィッド・エアーもその辺は心得ているのか、全体的にガンアクションとカーアクションがメイン。
また、終始暗い色調で統一したり、ザラついた画面で、(多分)あえて、80年代チックな画面づくりをしているのも映画のカラーに合っていていい感じです。
そこに、CGやSFXで打ち合いの時の鮮血やゴア描写を、ちょっとやりすぎなくらい盛り込んでいるのもサスペンススリラーっぽくて良かったですねー。

その分、ミステリー的にはちょっと物足りないというか、前フリが分かりにくい上に弱いので、途中の展開や最後の方の謎解きにあまりカタルシスはないのが残念。犯人がわかった時も「うん。でしょうねー」という感じでした。

また、シュワちゃんが部下に対してどう思っていたのかという部分も、少々曖昧な感じになってたので、冒頭部分でもうちょっとキャラの立ち位置や行動の理由付けがハッキリ分かるようになると、もっと面白かったんじゃないかなと。

とはいえ、シュワちゃんの新しい顔が見れたし、映画全体に漂うほの暗さと緊張感は見ごたえがありました。
興味のある方は是非。(ただし、グロいのが苦手な方は注意が必要かも)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画掲示板あります。

https://note.mu/purasu/n/nb98c1c6ade27?magazine_key=m0b08a7d5752d

ネタバレ、感想、質問、雑談その他もろもろ。

お好きなようにお使い下さいませー。(*´∀`*)ノシ





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとーございまーす!
北海道在住のオタクです。映画の感想をメインに色々やってます。 ★映画感想ブログ http://aozprapurasu.hatenablog.com/ ★カクヨム https://kakuyomu.jp/users/aozorapurasu/works