見出し画像

道草小噺⑧花を食べる<野花編>ナズナ・すみれ・ホトケノザ・オオイヌノフグリ・たんぽぽ・菜花・椿

久々の更新となりました道草小噺。


今回は、野草の中でも”食べる”というよりは”愛でる(しかも食べられる)”野花の話です。


ここ数年、日本でもずいぶんエディブルフラワーが浸透してきたけれど、私が初めて”花を食べる”という体験をしたのは2008〜2009年のオーストラリアWWOOF旅。

WWOOF先でナスタチウムやマリーゴールドの花びらをサラダやピザに散らして食べていたのだけれど、別に美味しいとか真似しようとか意気込んでいた記憶はない。
むしろ、ナスタチウムに関してはなんだか生臭くて苦手だなと思っていた。
(後に、ナスタチウムが苦手だったのは、畑に使っていた魚と海藻由来の肥料の匂いが残っていたことが原因と気づいたのだけれど、”ナスタチウム=生臭い”という体験がトラウマのように脳に刻まれていて、今でもどうしても好きになりきれない…最初の出会いは大事だね。)


それなのに、今では当たり前のように、食の中に花を取り入れている。

一体どこからそうなったのか、と記憶を辿ってみると、どうやら最初に花を食べることの楽しみを知ったのは、京都のなやカフェさんで食べたお昼ご飯だったことを思い出した。

画像1

あまりにも堂々と菜花が咲き誇っていて、この時に初めて 花を食べるって最高だな! となったのだった。

それもあって、おそらく私が使い始めた最初の花は菜花。

画像11

そしておそらく、タンポポの花びらをサラダに、菫をサラダやデザートに(菫の茎・葉はもやしやアルファルファのようなフレッシュな味わいでサラダにぴったり)使うようになり、今に至る。

(エディブルフラワーも、周りで育てる人が増えてきたけれど、その隠しきれない派手さがどうしても自分の料理と合わず、結局野花に落ち着いたのだった。)

木下実験室でメインで使っているのが、菜花・薺・ホトケノザ・オオイヌノフグリ。

ふりかけみたいに自由に使う。

画像6

菜花・ホトケノザ・薺。

画像9

地味になりがちな照り焼きテンペの丼も野花たちの力でちょっと華やかに。

画像9

地味すぎるスープも、野花たちで華やかに。(カラスノエンドウ入り)

画像9

2019年の野草ディナー「春・道草晩餐会」の琵琶湖フィッシュアンドチップスのプレートでは、椿の花のピクルスが初登場。菜花はセミドライにしてある。

画像10

2018年の野草ディナー「星屑と道草」のデザートでの野花たちの活躍。とにかく、野花は摘むのが楽しい。


野花は、土がある限り、散歩していたらどこにでも見つけることができるけれど、私はだいたいいつもお世話になっている小林ファームさんの畑で摘ませてもらっている。

画像3

いつも畑を散歩しながら野花を摘む。この時間が、なぜだかどうしようもなく好きで、いつもついつい摘みすぎてしまうのだ。

画像4

野菜の傍に生えるたんぽぽ、カラスノエンドウ、オオイヌノフグリ、ハコベ。

画像5

ブロッコリの傍にはホトケノザ、薺、オオイヌノフグリ(まだ咲いていない)。

画像11

野花たちは、わざわざ種を蒔いているわけでもなく、世話をしているわけでもない。それなのに、毎年生えてきて、花を咲かせる。

当たり前といえば当たり前のことなのに、野花たちの存在を確認するとどうしても嬉しくて、人見知りな私にとったらおそらくそれは、久々に心のおけない友人に再会して近況を語り合うような感覚で、これからもきっと、懲りずに野花を摘みすぎてしまうのだろうな。


追記1:菜花は厳密に言うと野草ではないけれど、今回は勝手に野草ということにしました。

追記2:他にも、カキドオシの花、カタバミやオキザリスの花などなど食べられる野花はたくさんあります。(ついでに言うと、桜も食べるね。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20
木下実験室・Humming/食べると細胞たちが静かに騒ぎ出し、なんだか鼻唄を歌いたくなる、そんなごはん。テンペも作る。春は野草、たまにデザイン、そして畑。地元野菜と自家製生テンペを使ったヴィーガン無国籍料理を作る。 Instagram; walkinghitree.lab
コメント (4)
カラフルできれい~! 春って感じ♪ 春が待ち遠しいね。去年、ウッディパルで野草を摘んでてんぷらにして食べるイベントに行ったんやけど、息子が今年もたんぽぽをてんぷらにするのを楽しんにしている。一度食べてみるっていうのは、大事なことかも。私も食べる花って苦手意識あってんけど、食べてみることにする!
ね、きれいよなぁ😊
たんぽぽの天ぷらを楽しみにしてるってなんかいいな🏡
確かに、一度食べてみたら近くなるよね。
特に薺は、美味しいからおすすめよ。
また一緒に摘みにも行こう~♬
心のおけない友人との再会、すごく分かる。的を得ているなぁ。子供の時から大好きなオオイヌフグリ出てくるとまた会えたなぁと嬉しくなる(*´`*)
コメントありがとう^^
ね、なんだか、会えて嬉しいよ!(ハグ)て気持ちになるよね〜♫摘んでる時間は、お茶の時間だな。笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。