大学教育は理系と文系などで場合分けして考えのが大事

砂鉄や日本農園とかアカデミック否定しまくまりなんだよな。少しでも大学行って勉強したほうがいいという考えを学歴至上主義というのは極端すぎる。あいつらは大学潰したほうが良くてそうすれば経済とか本気でよくなると本気で思ってるところが謎なんだよな。砂鉄に至ってはローマ帝国は人を教育して育てから崩壊したとまでツイートしてた。日本農園のほうは国立以外は不要論なので公立大学については公立大学も不要なのか国立化にするのかはわかりませんが。

私も学歴主義は肩書だけで中身がないし、権威主義になるから嫌いですよ。大学に行く行かないは個人が決めればいいと思うし、全員が行く必要はないと思ってる。それぞれの得意なところを活かせして生きればいいから。高卒でも実力あって活躍できる人はすごいわけですし。大学については学力的にも経済的に行けるならば行ってそこで勉強してスキルアップすることに越したことはないというのが私の考えです。高卒も大学進学も専門短大もどれも否定しないから。

あと彼らは大学教育を一括して語ってて文系学部、理系学部、文理共通学部や更にそこから各学部、学科で場合分けするという考え方がないんですよね。私は文系学部は今のあるものの半分くらいでいいと思いますし、文系の人は大学行かないで高卒や短大という選択肢もありだと思いますよ。採用する企業がどう見るかわかりませんが。それで理系は研究したい人やスキルアップしたい人は大学に行くべきじゃないかという考えです。学部学科で言うなら社会学部なんかは不要だと主張してます。それでとりあえず大学に行くのは大卒の就職率が高いからだと考えてる。つまり就職が安定しやすいからとりあえず大学行こう、それで企業も採用するからでしょう。それ学歴至上主義だからと分析するのは誤った見方であると言えます。大した基準も決めず私立大学に補助金出したり、定員割れしててそこに補助金もらいたいだけに意味もない外国人留学生を入れてる大学に補助金が出るという制度には問題あるし、反対してるので制度を変えて改革するあると思う。科学技術研究や国公立大学への予算拡大はすべきであり、また国公立大学の授業料も下げたほうが良くそういう政策をすべき論者ですね。そこは安全保障と同じように基本予算出しまくるのには反対派でも科学研究と安全保障の予算は別で増大ありという考えの人は…いないか。

また個人的には国費外国人留学生制度については拡大には反対ですかね。国民をまず手厚く優先してほしいから。国費外国人留学生制度も廃止は現実的に無理なので数をもう少し制限して条件を厳しくするくらいならいいじゃないのかな。私費留学生にも医療費とかの処遇はされてるみたいけどさ。そこのところは財政、予算とバランスの問題ですかな。やりすぎと不満とか出てくるだろうからうまいところでバランスを取るくらいがちょうどいいでしょう。あと国費外国人留学生制度の話はネットでデマ情報も流れてるのでそこのところは注意。中華人留学生の8割には医療費とか留学生されててという情報や画像はデマです。国費外国人留学生制度の留学生が約9000人ほどいてその人達には医療費とが優遇されていてそのうち国費留学生の中華人は1%というのが事実です。

日本が貧しくなりつつあり日本の大学生も苦しいのにこういうあると恵まれすぎだし、日本にそんな余裕ないから国民優先してという意見とその気持ちは本当にわかる。

因みに留学生は生活困窮者はダメなのです。こちらで詳しく解説してるのでリンクを読むことをオススメします。


あと日本は大学卒しなくても(高卒でも)結構いい地位といい収入をもらえたりするほうだと思う。アメリカとかのほうが学歴主義で学歴が社会的地位と収入に大きく影響してるんですけどね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
noteの更新頻度は低めかも。貧乏無職。