見出し画像

似合うって何だろう?②

こんにちは、イメコン担当の高橋です^^

先日はパーソナルカラー診断の4つの観点の1つ「ベースタイプ」のお話をさせていただいたので、今日は2つ目の「明度」についてお伝えしますね!

明度とは「明るさ・暗さの度合い」のことです。

イメージとしては、とある色に白を混ぜると明るくなり(=高明度)

黒を混ぜると暗くなっていきます(低明度)。

高明度が調和する方は、肌が白くふんわりふっくらと見えます。

調和しないと、顔が膨張して見えたり平面的に見えたりします。

低明度が調和する方は、顔が小さく見えたり、シャープに見えたりします。

調和しないと、肌の色ムラや影・線が目立ってしまいます。

もちろん、調和しないからその色の服を着てはいけないということではありません><

例えば私は低明度の色はクマとほうれい線が目立って見えてしまうので、メイクでクマをしっかりコンシーラーで隠し、ほうれい線の上に軽くハイライトを入れ光で線を飛ばすようにしています。またパールのネックレスをつけたりもします^^

調和しない色をわかっているとこのように調整できるので、自分の好きな色を自分の魅力を活かす身に着け方ができるようになります★

次回は「清濁」についてです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
『主役から主人公へ』を合言葉に2019年4月に起業したブートストラップ企業。新しい概念を用いて、全てのヒトの”『挑戦』と『達成』をデザインする”集団です。個人・企業・団体向けに様々なサービスを手掛ける主人公製作所。https://www.protagoworks.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。