見出し画像

新卒入社1年目(文系)/感動を覚えるエンジニアとしての仕事!プラスパシステムズでなら輝けると思い入社しました!

■プロフィール

名前:S・R(実名を伏せ仮名でイニシャル表記)
性別:女性
年度:2019年入社(新卒入社)
大学:東京女子大学
出身:埼玉県
サークル:漫画研究会

画像3


■プラスパシステムズへ入社経緯

>インタビュアー
S・Rさん、本日はよろしくお願いします。S・Rさんがプラスパシステムズに入社するまでの経緯を教えてください。

>S・Rさん
私は、2019年入社の新卒社員としてプラスパシステムズへ入社をしました。就職活動をはじめた当初は業界や職種を幅広く見ていました。なかなか方向性を決めきれずに考えあぐねていたところ、私の父からエンジニアの道をアドバイスしてもらい、IT業界にも目を向けるようになりました。

いくつかの企業の選考を進めましたが、プラスパシステムズは一次面談が社長だったため驚きました。それも他社の選考を進めていたときには、二次選考など選考が進むにつれて上位役職者の方が面談するようになりますが、真逆だったため新鮮でした。

選考フローが印象的だったため質問をしてみたところ、「能力ではなく人物面を重視したい。そして、自社に合う人材か自分の目で確かめたい。」という回答を頂き、学歴など誰でも判断できるハード面ではなく人物面で判断しようとする企業姿勢に魅力を感じました。

>インタビュアー
ありがとうございます。代表が一次面談をして人物面で選考を進めていくところが魅力のひとつだったんですね。その他に、決め手となったポイントはありましたか?

>S・Rさん
はい。いくつかあります。まず、会社説明会も代表が行うため、会社の全体像やIT業界に関する理解度が深まったことです。社長との直接の接点がプラスパシステムズほど多い会社は他にあるのかなと感じています。

また、私は文系からエンジニアを志しており、パソコンも少し触ったことがある程度です。プラスパシステムズは研修期間が3カ月間あり、教育体制が充実しているため未経験からでもエンジニアとして活躍できるようになる土壌があるように感じました。

画像3

■仕事内容とその魅力

>インタビュアー
ありがとうございます。つづいてお伺いをさせてください。新卒として入社をして半年ほど経過をしたと思いますが現在はどのような仕事内容を担当していますか?

S・Rさん
3カ月間の研修を終えた後は、スマホアプリ(勤怠管理アプリ)の開発を本社でしていました。正直いうと最初は手も足も出ず苦しい時期がありました。しかし、開発したシステムが自分のスマホで稼働したことに大きな感動を覚えました。そして、現在はオーディオ関連の組み込みシステム(IoT)のプロジェクトチームに配属をされました。私の上司が隣の席にいるため安心感を持って働くことができています。

>インタビュアー
ちなみにエンジニアとしての仕事はどういうところにやりがいを感じたり、面白いと思いますか?

>S・Rさん
スマホアプリ(勤怠管理アプリ)を完成できたときには、達成感がありましたね。ひとつのアプリを開発するまでに3カ月ほどの期間をかけましたが、その過程で帰宅してからも調べたり考えたりしていました。その試行錯誤を積み重ねた結果、自分が作成したスマホアプリが自分のスマホで動きだしたときは相当嬉しかったです。

プログラミングを組んでいるときには、パソコン上のテキストでしかないのですが、システムとして動き出した時には感動します。現在のプロジェクトも自動車に搭載されるオーディオ機器の組み込みシステムとなるため、完成したときのことを想像すると既にワクワクしています笑


写真

■新卒入社して感じるプラスパシステムズの良いところ

>インタビュアー
それでは最後のコーナーです。プラスパシステムズの好きなところを教えてください。

S・Rさん
はい。3点ほどあります。

まずは「教育」を大事にしている風土です。全社で会場を借りて定期的に勉強会を行っています。そこでは技術的な知識交換もありますが、プレゼンの仕方などのビジネススキルも教わることができます。また私自身も発表の機会を得て、知識定着の機会を得ることができました。

続いて、社長が社員一人ひとりのことを考えてくれていることが如実に伝わるところです。社長と直接話す機会が用意されているため、困っていることなど現状を伝えることはもちろん、社長に改善案を提案する場があることです。

最後に、上司に恵まれていることです。新卒入社なので他社を知りませんが、私の上司は何でも質問しやすいです。そこからも成長を阻む人がいないように感じています。今は上司に頼り切りですが、ゆくゆくは私自身が人に頼られる存在となり、技術だけではなく仕事の進め方などビジネスマンとして教えられるようなエンジニアになりたいと思っています。

>インタビュアー
最後にどのような人がプラスパシステムズに合いそうか教えてください。

S・Rさん
学ぶことが好きな人やモノづくり好きな人が合うと思います。その根拠は、プラスパシステムズは企業規模としては大きくないですが、在籍している1人ひとりの社員が高い学習意欲を持ち、特技を持っているように感じています。

その特技や学んだ内容を評価し、活かすように奨励する文化があるため、学ぶことが好きな人には意欲的な挑戦の場があります。そのような方にはやりがいがある環境になると思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
株式会社プラスパシステムズが運営する広報用のメディアとなります。 http://www.prosper-s.co.jp/index.html