_景岳全書__婦人科を読む_

【「景岳全書」婦人科を読む】婦人規上 胎孕類 胎候十九(5)

【本文】

陳臨川曰:嘗試推巢氏所論云妊娠脈養之理,若足厥陰,肝脈也,足少陽,膽脈也,為一臓一腑,表裏之経,余皆如此。且四時之令,必始於春木,故十二経之養,始於肝膽,所以養胎在一月二月。手心主,心胞絡脈也,手少陽,参焦脈也,属火而夏旺,所以養胎在参月四月。手少陰手太陽,乃心脈也,以君主之官,無為而尊也。足太陰,脾脈也,足陽明,胃脈也,属土而旺長夏,所以養胎五月六月。手太陰,肺脈也,手陽明,大腸脈也,属金而旺秋,所以養胎在七月八月。足少陰,腎脈也,属水而旺冬,所以養胎在九月。又況母之腎臓繫於胎,是母之真気,子之所賴也。至十月,児於母腹之中,受足諸臓気脈所養,然後待時而生。此論誠有至理,世更有明之者,亦未有過於巢氏之論矣。

この続きをみるには

この続き:1,138文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
[月]讀解「難経本義諺解」<太田智一>/[火]「景岳全書」婦人科を読む<仁木小弥香・山口誓己>/[水]経絡治療からみた傷寒論<大上勝行>

経絡治療の学びをサポートします。経絡治療の蔵象学・講義ビデオ・漢方講座・経絡治療Q&Aなどを配信。毎週少しずつ一緒に学びましょう。月額...

または、記事単体で購入する

【「景岳全書」婦人科を読む】婦人規上 胎孕類 胎候十九(5)

にしずか Labo

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは、「にしずか Labo」です。 私たちは電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成、経絡治療の普及・伝承に努めてまいります。 ご支援ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

やったー!
1
『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。[HP]https://www.nzlabo.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。