見出し画像

【押し手】(ドリル)手足で

 肘から先および膝から先は、各経絡の五行穴があるので、経絡治療ではよく使います。手足は平面ではないし、表裏があるので、ツボのとらえ方、押し手の作り方もいろいろなパターンが必要です。普段から自分の手足で練習しておきましょう。

 各経絡の軽擦から取穴、押し手を何度も練習して、手に覚えさせましょう。

腎経の取穴から押し手


脾経の取穴から押し手


胃経の取穴から押し手


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。

嬉しいです!
『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。[HP]https://www.nzlabo.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。