見出し画像

目次

●姿勢

 ○姿勢の大切さ

 ○立ち方

 ○力を抜く

 (ドリル)直立

 (ドリル)スワイショウ

 (ドリル)四股踏み

 (ドリル)站椿(たんとう)功

 (ドリル)腹式呼吸(立位)

 (ドリル)腹式呼吸(臥位)

 (コラム)肩甲骨を広げる

 (コラム)重心は下へ

●取穴(手技)

 ○軽擦から取穴まで

 ○背部

 ○手足

 (ドリル)タオル・足

●押し手

 ○押し手の基本

 ○取穴から刺鍼まで(鍼管ねじ込み編)

 ○取穴から刺鍼まで(押し手鍼管同時編)

 ○バランスよく

 ○押し手チェックポイント

 (ドリル)板に刺す

 (ドリル)タオルで

 (ドリル)自分の足で

 (ドリル)背中で

 (ドリル)手足で

●刺鍼(基本)

 ○姿勢

 ○重心は下に

 ○押し手

 ○催気

(ドリル)気の至りを感じる

●刺鍼(補瀉)

 ○気の至り

 ○経絡治療はイメージ

 ○補瀉の手技

 ○大小

 ○迎随

 ○深浅

 ○呼吸

 ○出内

 ○開闔

 ○補

 ○瀉

 ○寫(輸瀉)

 ○誤治をしないために

 ○誤治の対応

●刺鍼(手技)

 ○散鍼

 ○接触鍼

 ○長鍼

 ○小児はり

●灸

 ○灸の種類

 ○透熱灸

 ○温灸

 ○灸頭鍼

●脈診

 ○姿勢

 ○指の置き方

 ○指の沈め方

 ○脈図の書き方(祖脈)

 ○六部定位脈診

 ○祖脈診(浮沈)

 ○祖脈診(遅数)

 ○祖脈診(虚実)

 ○脈状診

 ○脈図を書く意味

 ○脈診と四診

 ○脈図の見方

(ドリル)いろんな人の脈をみる

(ドリル)毎日自分の脈をみる

(ドリル)毎日同じ人の脈をみる

●手を作る

 ○いい手とは?

 ○いい手にするためには?

 (ドリル)手掌解放

●要穴の取穴

 ○ツボを取る基本

 ○手三里

 ○上巨虚

 ○臨泣

 ○復溜

 ○曲泉

 ○陰谷

 ○三陰交

 ○太淵

 ○経渠

 ○尺沢

 ○孔最

 ○大陵

 ○内関

 ○郄門

 ○腕骨

 ○四瀆

 ○陽輔

 ○足三里

 ○陰陵泉

 ○陽陵泉

 ○太溪

 ○太衝

 ○行間

 ○太白

 ○商丘

 ○丘墟

 ○中封

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。

スキありがとうございます!
1
『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。[HP]https://www.nzlabo.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。