見出し画像

エンジニア実務を体験できる「Progate Path」、学習の進め方

Progate

本日は「Progate Path」の学習の流れやコツをお伝えします😊

エンジニアの実務を体験しながら学ぶ「Progate Path」は、従来の「Progate」に比べて難易度の高い学習コンテンツとなっています。

粘り強く学習に挑むことで自分の力になるので、頑張って挑戦してみましょう!

▶︎Progate Path:https://path.progate.com/

まずはセットアップ!

「Progate Path」の案内に従って、「Progate CLI」のインストールやNode.jsの環境構築を行いましょう💪

どうしても上手くいかない時は、試験運用中のDiscordサーバーで質問することもできますよ。同じように「Progate Path」を学習している仲間と交流しながら学んでいきましょう!(※Progate Path公式Discordサーバーは2022年11月現在試験運用中で、プロダクトの都合により予告なくクローズする可能性があります)

タスクにチャレンジ🔥

環境構築が完了したら、さっそくタスクにチャレンジしてみましょう!

チャレンジは2022年11月時点で5つあり、下に行くほど難易度が上がっていきます。とくにこだわりがなければ「ページ表示に関わるデバッグをできるようになろう」から始めてみましょう!

タスクは無料の「チャレンジタスク」有料の「特訓タスク」に分かれています。

「チャレンジタスク」で必要になる知識を「特訓タスク」で学習することができるようになっています。各タスクは概要と仕様書が手渡され、まるで実務のようにタスクを進める必要があります。

まずは、チャレンジタスクに取り組んでみて、難しかった場合は「特訓タスク」で必要な知識を身につけましょう!

「チャレンジタスク」には、詳しい解説や進め方は載っていません。
「特訓タスク」には、タスクに関連したリソース(資料)や詳しいアドバイスが用意されており、体系的に知識を身につけることが可能です。

特訓タスクを購入するか迷ったときは、タスクプレビューページを見るとどんなことが学べるか確認できます😉

公開記念キャンペーン!2つのタスクを99円で販売中です🙌
【キャンペーン対象の特訓タスク】
・ヘッダータイトルのCSSが適用されていないバグの修正
・ヘッダータイトル画像が表示されないバグの修正
【キャンペーン期間】
2022年11月末日まで

リソースをよく読もう!

「特訓タスク」のリソースには、学習に必要な前提知識が詳しく解説されています💡リソース中の単語がわからないときは、検索して調べてみましょう!

知識が足りない時に文章を読むと「さっぱり理解できない…」と落ち込んでしまうかもしれませんが、誰もが最初から知識を身につけていたわけではありません。

実践して、理解できないところは検索して、調べて理解して、また実践して、わからないところはまた調べて…と繰り返していきましょう。わからない単語は調べながら、リソースの内容を理解しながら読み込むことで前提知識を身につけることができます!

エンジニアとして自立した後は、常に検索したり、ドキュメントを読み込むことになります。

今のうちにそういった癖を身につけて、エンジニアとしてプロダクトを開発していける「創れる人」を一緒に目指しましょう!

タスクに詰まってしまった😭

「タスクが難しくてよくわからない!」、そんな時はアドバイスを参考にしましょう!

アドバイスには、タスクをクリアするために必要な内容が書かれており、通常のアドバイスと「具体的なアドバイス」が用意されています。

この時に、まずは通常のアドバイスを見て試行錯誤してみることがとても重要です!

試行錯誤することで、新しい視点や気付きを得ることがあります。試行錯誤を積み重ねることで、少しずつ知識を積み上げ、自分のスキルを身につけていくことができます。

エンジニア業務における課題の解決策は常に一つではありません。エンジニアとして自立した後も、試行錯誤の連続です。

「Progate Path」ではクリアまでの道のりは長くても構いません。試行錯誤を楽しみながら、学んでいきましょう!

試行錯誤を重ねて、どうしてもわからないときは、「具体的なアドバイス」を見てみましょう。
また、特訓タスクの最後のアドバイスには「解説」へのリンクがあるので、どうしてもわからないときには解説を見ながら、自分の書いたコードや考え方との相違を確認してみてください。

「なるほど!そういうことだったのか!」と気付きを得ることができれば大成功です。


やった!タスクをクリアした!✨

試行錯誤を重ねてタスクをクリアできた時の感動は格別です!

クリア後は「整理する」の画面でやったことのまとめや、「PR(プルリクエスト)」の説明を記載しましょう。
実務では、実装で変更した内容をレビュワーに説明し、レビューをしてもらうフローがあります✏️

コードがなぜ変更されたのか、経緯がわかるようにレビュワーに文章で説明するのも重要なスキルの 1つです!

これらを記載することができれば、いよいよ解説ページを確認します。
解説ページでは、解答までの流れについて解説してあります。

ここで理解を深めることで、自分の知識と実力が身についていきます。
自分の解き方と解説を比べて振り返り、学習した内容をしっかり身につけましょう!

開発チームからメッセージ💌

従来の「Progate」の学習より難しく感じるかもしれませんが、「分からない!」は「伸びしろ」です。エンジニアの業務も手を動かす時間よりも調査や考えることのほうが多いのではないでしょうか(結局分からないままのことも・・・)。ぜひ分からないことを楽しんで学んでいただけると嬉しいです!

みなさんの勉強を全力でサポートしたいと考えているので、 Discord や Twitter などでご意見や感想をどしどし共有してください ٩( ’ω’ )وヨッシャ!

Progate Pathチームは、本気でエンジニアを目指すあなたの学びと挑戦を応援し続けます!一緒に「創れる人」を目指して頑張りましょう!

▶︎Progate Path:https://path.progate.com/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!