プリちゃん | 『どんな毎日も、宝物になる日記』

アーティストとして生きていく中で、2021年9月18日から気づきや学びを日記でシェア。| #HSP #トランスジェンダー | 📚2021年9月、初の著書 アートブック『心に灯す光と色彩のパレット』出版。🗣公式LINE https://lin.ee/neovP0w

プリちゃん | 『どんな毎日も、宝物になる日記』

アーティストとして生きていく中で、2021年9月18日から気づきや学びを日記でシェア。| #HSP #トランスジェンダー | 📚2021年9月、初の著書 アートブック『心に灯す光と色彩のパレット』出版。🗣公式LINE https://lin.ee/neovP0w

マガジン

  • プリちゃんの人生・考え

    アーティストとして生きていく成長日記。これまでの人生や考えを残しています。

  • 『心に灯す光と色彩のパレット』個展記録

    美大出身でもなく、0からアーティストとして挑戦中。沢山の方々に出会い支えられ、【個展を年3回以上開催】させていただくまで進むことができました。これまでの記録を綴っています。

  • はじめての方にオススメ!日記のまとめ

    よく読まれた日記や印象に残ったエピソードがある日記を【振り返り】としてまとめています。はじめて『どんな毎日も、宝物になる日記』に訪れてきてくださった方や、プリちゃんのことを初めて知った方は、是非ご覧くださいね。

ストア

  • 商品の画像

    『Everything Is Possible』PhotoArt 2022 Edition 1 (A3サイズ)

    【この作品はEdition1 = 一点もので完売のため、再販致しません。。】 【Edition 1の作品は、お早めにどうぞ。。。】 『Everything Is Possible』 PhotoArt 2022 Edition 1 やわらかい波が囁くように 自分を励まし 勇気づけていく どんなときも立ち直れるし 私ならきっとうまくいく アーティスト Prius Shota(プリウス ショウタ)が創作する、 絵画的な魔法写真・フォトアート。 テーマ『心に灯す光と色彩のパレット』since 2016 日常の中で目に映る光景を撮影した写真に、 まるでパレットの絵具でキャンバスに絵を描くように、 心で感じるまま”光と色彩の魔法”で彩りを添えた幻想的なアート作品です。 作品を見て下さった一人一人に、「少しでも穏やかな気持ちや癒しをお届けすることができたら」という想いを基に日々創作しています。 ◆お部屋やオフィスにインテリアアートとして飾ることで、 空間に彩りが増すだけでなく、 観る人に「癒しや心の潤い、多幸感」をシェアできます。 ◆新居祝いや、ウエディング、誕生日といった記念日のプレゼントに。 ◆5枚しかフォトアクリルにしないので、アートとしてコレクションできます ・エディション 5枚 = 5枚しかプリントしない限定もの ・「撮影年・エディションナンバー(ex.1/5 5枚中1枚目)・プリント年」を、 フォトアートの裏面に記載しています。 ・エディションナンバーが増えるたびに、料金は変わります。 ・創作年とプリント年が近ければ近いほど、アートとしての価値は高いです。 ◆仕様◆ ・フォトアクリル ・プリントサイズ (297×420mm) ・フレームの幅: なし ・エディション #1 of #5 ・直筆サイン + 作品証明書付き ▼購入する際の注意点 ・お客様の都合による返品・キャンセルは受け付けておりません。
 ・モニターの仕様などにより、色が多少異なる場合があります。  予めご了承くださいませ。 ・お支払いに掛かる手数料は恐れ入りますがお客様のご負担となります。 ・発送予定日…ご入金確認+5月中のお届けとさせていただいております。 
(休日を挟む場合や、交通・天候・新型コロナウイルス事情等でお届けが遅れる場合もございます) ___________________________ Prius Shota (プリちゃん) 1991年生まれ。大阪府出身・東京都在住のアーティスト。 芸術に癒されてきた原体験と印象派からインスパイアを受け、2016年1月より『心に灯す光と色彩のパレット』のテーマで、幻想的な心象風景: フォトアートの創作活動を開始。一枚の写真に”淡い光と豊かな色彩の魔法”をミルフィーユのように重ねていく技法は、観る人に日常の違った美しさと心の安らぎを伝える。2018年4月から「五感で癒される個展」を東京や横浜、京都で自ら企画し、空間装飾も得意とする。2021年9月、初の著者『心に灯す光と色彩のパレット』出版。2022年の目標は、アートで笑顔と幸せを全国に届ける #虹色スマイル を達成すること。愛称は、プリちゃん。 ◇公式LINE (直接お問い合わせできます+抽選で無料画像プレゼント) https://line.me/R/ti/p/%40tlg0780j ◇Website (ブログを沢山書いています) https://priusshota.com/ ◇Instagram (フォトアート作品をチェックできます) https://www.instagram.com/priusshota/ ◇Twitter (よく呟いてます) https://twitter.com/PriusShota 最後までご覧いただきましてありがとうございます。 今日も素敵な1日となりますように。
    88,000円
    絵画のような魔法写真フォトアートのミュージアムショップ Maison Prius Shota
  • 商品の画像

    『Self love』PhotoArt 2022 Edition 1 (postcard サイズ)

    【この作品はEdition1 = 一点もので完売のため、再販致しません。。】 【Edition 1の作品は、お早めにどうぞ。。。】 『Self love』 PhotoArt 2022 Edition 1 自分に自信がないこと どこか自分を愛せないこと それも含めて、ぜんぶ私なんだ ゆっくり認めてあげていいからね アーティスト Prius Shota(プリウス ショウタ)が創作する、 絵画的な魔法写真・フォトアート。 テーマ『心に灯す光と色彩のパレット』since 2016 日常の中で目に映る光景を撮影した写真に、 まるでパレットの絵具でキャンバスに絵を描くように、 心で感じるまま”光と色彩の魔法”で彩りを添えた幻想的なアート作品です。 作品を見て下さった一人一人に、「少しでも穏やかな気持ちや癒しをお届けすることができたら」という想いを基に日々創作しています。 ◆お部屋やオフィスにインテリアアートとして飾ることで、 空間に彩りが増すだけでなく、 観る人に「癒しや心の潤い、多幸感」をシェアできます。 ◆新居祝いや、ウエディング、誕生日といった記念日のプレゼントに。 ◆5枚しかフォトアクリルにしないので、アートとしてコレクションできます ・エディション 5枚 = 5枚しかプリントしない限定もの ・「撮影年・エディションナンバー(ex.1/5 5枚中1枚目)・プリント年」を、 フォトアートの裏面に記載しています。 ・エディションナンバーが増えるたびに、料金は変わります。 ・創作年とプリント年が近ければ近いほど、アートとしての価値は高いです。 ◆仕様◆ ・フォトアクリル ・プリントサイズ (postcard サイズ) ・フレームの幅: なし ・エディション #1 of #1 ・直筆サイン + 作品証明書付き ▼購入する際の注意点 ・お客様の都合による返品・キャンセルは受け付けておりません。
 ・モニターの仕様などにより、色が多少異なる場合があります。  予めご了承くださいませ。 ・お支払いに掛かる手数料は恐れ入りますがお客様のご負担となります。 ・発送予定日…ご入金確認+5月中のお届けとさせていただいております。 
(休日を挟む場合や、交通・天候・新型コロナウイルス事情等でお届けが遅れる場合もございます) ___________________________ Prius Shota (プリちゃん) 1991年生まれ。大阪府出身・東京都在住のアーティスト。 芸術に癒されてきた原体験と印象派からインスパイアを受け、2016年1月より『心に灯す光と色彩のパレット』のテーマで、幻想的な心象風景: フォトアートの創作活動を開始。一枚の写真に”淡い光と豊かな色彩の魔法”をミルフィーユのように重ねていく技法は、観る人に日常の違った美しさと心の安らぎを伝える。2018年4月から「五感で癒される個展」を東京や横浜、京都で自ら企画し、空間装飾も得意とする。2021年9月、初の著者『心に灯す光と色彩のパレット』出版。2022年の目標は、アートで笑顔と幸せを全国に届ける #虹色スマイル を達成すること。愛称は、プリちゃん。 ◇公式LINE (直接お問い合わせできます+抽選で無料画像プレゼント) https://line.me/R/ti/p/%40tlg0780j ◇Website (ブログを沢山書いています) https://priusshota.com/ ◇Instagram (フォトアート作品をチェックできます) https://www.instagram.com/priusshota/ ◇Twitter (よく呟いてます) https://twitter.com/PriusShota 最後までご覧いただきましてありがとうございます。 今日も素敵な1日となりますように。
    16,500円
    絵画のような魔法写真フォトアートのミュージアムショップ Maison Prius Shota
  • 商品の画像

    『Everything Is Possible』PhotoArt 2022 Edition 1 (A3サイズ)

    【この作品はEdition1 = 一点もので完売のため、再販致しません。。】 【Edition 1の作品は、お早めにどうぞ。。。】 『Everything Is Possible』 PhotoArt 2022 Edition 1 やわらかい波が囁くように 自分を励まし 勇気づけていく どんなときも立ち直れるし 私ならきっとうまくいく アーティスト Prius Shota(プリウス ショウタ)が創作する、 絵画的な魔法写真・フォトアート。 テーマ『心に灯す光と色彩のパレット』since 2016 日常の中で目に映る光景を撮影した写真に、 まるでパレットの絵具でキャンバスに絵を描くように、 心で感じるまま”光と色彩の魔法”で彩りを添えた幻想的なアート作品です。 作品を見て下さった一人一人に、「少しでも穏やかな気持ちや癒しをお届けすることができたら」という想いを基に日々創作しています。 ◆お部屋やオフィスにインテリアアートとして飾ることで、 空間に彩りが増すだけでなく、 観る人に「癒しや心の潤い、多幸感」をシェアできます。 ◆新居祝いや、ウエディング、誕生日といった記念日のプレゼントに。 ◆5枚しかフォトアクリルにしないので、アートとしてコレクションできます ・エディション 5枚 = 5枚しかプリントしない限定もの ・「撮影年・エディションナンバー(ex.1/5 5枚中1枚目)・プリント年」を、 フォトアートの裏面に記載しています。 ・エディションナンバーが増えるたびに、料金は変わります。 ・創作年とプリント年が近ければ近いほど、アートとしての価値は高いです。 ◆仕様◆ ・フォトアクリル ・プリントサイズ (297×420mm) ・フレームの幅: なし ・エディション #1 of #5 ・直筆サイン + 作品証明書付き ▼購入する際の注意点 ・お客様の都合による返品・キャンセルは受け付けておりません。
 ・モニターの仕様などにより、色が多少異なる場合があります。  予めご了承くださいませ。 ・お支払いに掛かる手数料は恐れ入りますがお客様のご負担となります。 ・発送予定日…ご入金確認+5月中のお届けとさせていただいております。 
(休日を挟む場合や、交通・天候・新型コロナウイルス事情等でお届けが遅れる場合もございます) ___________________________ Prius Shota (プリちゃん) 1991年生まれ。大阪府出身・東京都在住のアーティスト。 芸術に癒されてきた原体験と印象派からインスパイアを受け、2016年1月より『心に灯す光と色彩のパレット』のテーマで、幻想的な心象風景: フォトアートの創作活動を開始。一枚の写真に”淡い光と豊かな色彩の魔法”をミルフィーユのように重ねていく技法は、観る人に日常の違った美しさと心の安らぎを伝える。2018年4月から「五感で癒される個展」を東京や横浜、京都で自ら企画し、空間装飾も得意とする。2021年9月、初の著者『心に灯す光と色彩のパレット』出版。2022年の目標は、アートで笑顔と幸せを全国に届ける #虹色スマイル を達成すること。愛称は、プリちゃん。 ◇公式LINE (直接お問い合わせできます+抽選で無料画像プレゼント) https://line.me/R/ti/p/%40tlg0780j ◇Website (ブログを沢山書いています) https://priusshota.com/ ◇Instagram (フォトアート作品をチェックできます) https://www.instagram.com/priusshota/ ◇Twitter (よく呟いてます) https://twitter.com/PriusShota 最後までご覧いただきましてありがとうございます。 今日も素敵な1日となりますように。
    88,000円
    絵画のような魔法写真フォトアートのミュージアムショップ Maison Prius Shota
  • 商品の画像

    『Self love』PhotoArt 2022 Edition 1 (postcard サイズ)

    【この作品はEdition1 = 一点もので完売のため、再販致しません。。】 【Edition 1の作品は、お早めにどうぞ。。。】 『Self love』 PhotoArt 2022 Edition 1 自分に自信がないこと どこか自分を愛せないこと それも含めて、ぜんぶ私なんだ ゆっくり認めてあげていいからね アーティスト Prius Shota(プリウス ショウタ)が創作する、 絵画的な魔法写真・フォトアート。 テーマ『心に灯す光と色彩のパレット』since 2016 日常の中で目に映る光景を撮影した写真に、 まるでパレットの絵具でキャンバスに絵を描くように、 心で感じるまま”光と色彩の魔法”で彩りを添えた幻想的なアート作品です。 作品を見て下さった一人一人に、「少しでも穏やかな気持ちや癒しをお届けすることができたら」という想いを基に日々創作しています。 ◆お部屋やオフィスにインテリアアートとして飾ることで、 空間に彩りが増すだけでなく、 観る人に「癒しや心の潤い、多幸感」をシェアできます。 ◆新居祝いや、ウエディング、誕生日といった記念日のプレゼントに。 ◆5枚しかフォトアクリルにしないので、アートとしてコレクションできます ・エディション 5枚 = 5枚しかプリントしない限定もの ・「撮影年・エディションナンバー(ex.1/5 5枚中1枚目)・プリント年」を、 フォトアートの裏面に記載しています。 ・エディションナンバーが増えるたびに、料金は変わります。 ・創作年とプリント年が近ければ近いほど、アートとしての価値は高いです。 ◆仕様◆ ・フォトアクリル ・プリントサイズ (postcard サイズ) ・フレームの幅: なし ・エディション #1 of #1 ・直筆サイン + 作品証明書付き ▼購入する際の注意点 ・お客様の都合による返品・キャンセルは受け付けておりません。
 ・モニターの仕様などにより、色が多少異なる場合があります。  予めご了承くださいませ。 ・お支払いに掛かる手数料は恐れ入りますがお客様のご負担となります。 ・発送予定日…ご入金確認+5月中のお届けとさせていただいております。 
(休日を挟む場合や、交通・天候・新型コロナウイルス事情等でお届けが遅れる場合もございます) ___________________________ Prius Shota (プリちゃん) 1991年生まれ。大阪府出身・東京都在住のアーティスト。 芸術に癒されてきた原体験と印象派からインスパイアを受け、2016年1月より『心に灯す光と色彩のパレット』のテーマで、幻想的な心象風景: フォトアートの創作活動を開始。一枚の写真に”淡い光と豊かな色彩の魔法”をミルフィーユのように重ねていく技法は、観る人に日常の違った美しさと心の安らぎを伝える。2018年4月から「五感で癒される個展」を東京や横浜、京都で自ら企画し、空間装飾も得意とする。2021年9月、初の著者『心に灯す光と色彩のパレット』出版。2022年の目標は、アートで笑顔と幸せを全国に届ける #虹色スマイル を達成すること。愛称は、プリちゃん。 ◇公式LINE (直接お問い合わせできます+抽選で無料画像プレゼント) https://line.me/R/ti/p/%40tlg0780j ◇Website (ブログを沢山書いています) https://priusshota.com/ ◇Instagram (フォトアート作品をチェックできます) https://www.instagram.com/priusshota/ ◇Twitter (よく呟いてます) https://twitter.com/PriusShota 最後までご覧いただきましてありがとうございます。 今日も素敵な1日となりますように。
    16,500円
    絵画のような魔法写真フォトアートのミュージアムショップ Maison Prius Shota
  • もっとみる

最近の記事

固定された記事

暗闇を照らしゆく、灯台のような人になりたい

「どんな日々が続いていたとしても、これから幾らでも輝いていける」 *Episode 0* はじめまして。noteをご覧いただいてありがとうございます。 私は東京を拠点に活動するアーティスト、 Prius Shota 。男性名だけど、トランスジェンダー女性として生きることにも奮闘中。みんなからは「プリちゃん」という愛称で呼ばれている。2016年から5年間、『心に灯す光と色彩のパレット』という創作テーマのもと、"絵画のような写真・フォトアート"の創作活動を行う。 具体的に

スキ
358
    • 生まれてきたことの感謝と、意味を振り返りながら。大阪滞在の話。

      7/11~7/21までの日記。奈良で素敵な人たちと交流し終えたあとは、奈良駅から大和路線に乗って大阪へ向かう。天王寺駅に近づいてきた頃には、"戻ってきた感"があった。年始ぶりの大阪。「環状線」と呼ばれる東京の山手線みたいな路線がある地域は、大阪の中でも都会にあたる場所。いつも活気があって、年々訪れるたびに発展しているような気がする。夏の暑さが大の苦手で疲れやすい私は、大阪滞在日程を21日までと長めにとることに決めた。理由としては、幾つかあって。。一つ目は沖縄と中国・四国地方を

      スキ
      47
      • いのちの儚さ、尊さ。奈良滞在のこと。

        7/9~7/11の日記。京都を離れる前日、とっても悲しい出来事が次の滞在先である奈良で起きた。安倍元首相が銃撃されて逝去というニュース。それをTwitterで知った私は、只々驚きを隠せなかった。タイムラインには続々と悲しみや憤りの声が、不穏な空気となって流れてくる。こういった時に思うのは、「私には何ができるのだろう?」ということ。前回の日記にも綴ったように、外側で起こる出来事はコントロールできないこと。。お亡くなりになった首相の不平・不満をぶつけたり、加害者を責めるところで何

        スキ
        20
        • 竹のような、"しなやかな心"でありたいな。京都滞在のこと。

          7/6~7/9までの日記。兵庫を離れて、次の滞在先である京都へ。向かう途中の電車の中でも、アイスクリームのように溶けそうな猛暑。。!今すぐにでも倒れてしまいそう。。。!!夏が本格的になるにつれて、作品創作に向けた撮影は正午ではなく夕方16時以降からすることに決定。日が暮れるのが遅い夏は、その時間帯から始めても十分なくらい。京都にはよく、秋の紅葉を鑑賞しに行ったり、2019年には個展を四条で開催というように足を運んでいたけれど、真夏に訪れたのは約8~10年ぶり。どの季節において

          スキ
          19

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          • 自分自身をそのまま受け入れてあげていいからね。兵庫滞在のこと。

            7/4~7/6の日記。中国・四国地方を無事に一周できた私は、淡路島を経由して、兵庫県・三宮(神戸)に辿り着いた。この7/4からしばらく「関西地方」を巡る新しいスタート。でも、関西・大阪が出身であるため、新鮮さというよりは"安心感"の方が大きかった。それもそのはず。18歳の頃まではずっと関西圏で過ごしていたし、その後に東京生活が長く続いても。お盆と年末年始は毎年のように帰省していたから。駅のホームに降り立って、周囲から関西弁が聞こえてくると「帰ってきたな〜」とホッとする私がいた

            スキ
            13
            • 頑張ることよりも、楽しむことにシフトしていいよね。徳島滞在のこと。

              7/2~7/4までの日記。高知県から離れた私は、中国・四国地方のラストである徳島県へ。阿波踊りと鳴門の渦潮が有名なところ。5月に九州を巡り終えた時に、メタバース個展を開催。その時から繋がった さなさんが初日に徳島駅で初対面することができ、オススメのカフェと、街のシンボルである眉山(びざん)へ車でアテンドしてくださることになった。。!「プリちゃんは、自分のことを責めずに、もっと自分のことを褒めてあげていいよ」と有難い励ましも頂いて、嬉しかったなぁ。さなさんもそうなのだけど、#虹

              スキ
              10
              • 満ちては欠け、欠けては満ちていく月のような心。高知滞在のこと。

                6/30~7/2までの日記。愛媛を離れて次に向かった先は、高知県の県庁所在地である高知市。坂本龍馬が生まれ育った県でもある。高知県は初めて行く場所だけれども、前からお会いする方が2人は決まっていたので、とっても楽しみな気持ちでバスに乗っていた。のどかな印象がある高知駅のバスターミナルに降り立った初日。この中国・四国地方を巡っていた頃から、高知のオススメスポットなどシェアしてくださっていた、あきなさんと初対面。すでにバス停で待ってくださっていて、そのまま高知の観光名所の一つであ

                スキ
                10
                • 弱さを受け入れながらも、バイブスを上げていく。愛媛滞在の話。

                  6/27~6/30までの日記。香川県・高松市を離れた私は「坊ちゃんバス」という高速バスに乗って、愛媛県・松山市へ向かった。心の中にあったのは、ずっと前から気になっていた"四国カルスト"。白い石灰岩がヒツジの群れのようにある景勝地なのだけど、車じゃないと到底厳しい道のりであることを知って、今回は諦めて松山市のみ滞在することに決めた。松山市駅へ降り立つと、想像以上に都会。どうやら四国の中では一番人口が多い土地らしい。初めて訪れる場所へ降り立つと、オリジナリティが光る場面に遭遇する

                  スキ
                  18
                  • 後悔の感情は、未来の糧にすればプラス。香川滞在の話。

                    6/24~27の日記。岡山県・倉敷市を離れ、向かった先は香川県。中国地方を巡り終えて、いよいよ四国へ上陸。香川の県庁所在地である高松市へ行く前に、アートの島「直島」に立ち寄った。黄色カボチャに黒い水玉模様が描かれた、草間彌生さんのアート作品《南瓜》が有名なところ。でも、ずっと前に台風の影響で海に流されてしまったらしく。だから、黄色カボチャは直島のどこにも見当たらなかった。代わりに、赤カボチャの作品は見ることができたので、十分満足。それにしても、この全国を巡る旅路を通して、ずっ

                    スキ
                    26
                    • 山を乗り越えた先の景色が見たくて。岡山滞在のこと。

                      6/21~6/24の日記。夜が静かになった22時ごろ、鳥取から岡山県にやってきた私。訪れる前から楽しみにしていたことは、2019年に開催した京都個展ぶりに友人 むらくんと再会すること。元々は2018年頃にインスタで繋がって、そこから個展にまで足を運んでくれては、こうして2022年の今も交流が続いている。本当にありがたい!「作品を創り続けていなかったら?」「個展を開催していなかったら?」と、もう一つの世界線を想像してみると出会ってなかったかもしれない。作品や展示の機会というのは

                      スキ
                      15
                      • 夢叶うのは風が砂を運ぶように。鳥取滞在の出来事。

                        6/20~6/21の日記。島根を離れた私は、次の目的地である鳥取県へ向かっていた。滞在初日は米子駅からバスで山奥に向かった先にある、南部町。そして2日目は念願だった鳥取砂丘へ。今いる山陰は、とても静かで落ち着いた地域。バスの本数は数ないけれど、周囲にある里山たちがリラックスしたムードにさせてくれる。日が沈めば、小川周辺でホタルも鑑賞できる。撮影がとっても難しかったけれど、黄緑色の光を放つホタルを間近で見ることもできた。 南部町へ訪れた一番の理由は、古民家を改装したゲストハウ

                        スキ
                        21
                        • 島根にある水の都で滞在しながら、セルフラブについて振り返り。

                          6/18~6/19の日記。中国地方は山陽と山陰に分かれていて、広島駅からバスに乗って山陰の一つである島根県へ。滞在期間が2日しかなかったので、出雲大社で有名な出雲市、その次に島根にある大きな湖に囲まれた松江市を訪ねることにした。広島市がビルがたくさん並ぶ都会であったため、バスの車窓から次々と見える自然たちに癒される癒される。出雲市駅に到着してから、出雲大社や出雲日御崎灯台という観光地を巡ろうとしたけれど、帰りのバスの本数が少なかったこともあって予定変更。「神立橋」というワード

                          スキ
                          24
                          • 縁に生かされている感謝が深まった、広島滞在のこと

                            6/16~6/18の日記。山口・岩国市を離れた私は広島・宮島へ。真夏日のような快晴で、朝に宮島口から出ているフェリーで向かう。シンボルでもある、大鳥居を見てみたかったのだけど、2022年内は大規模修復中らしく、、全体をハッキリ見ることができなかったのが残念。それでも、さすが日本三景・世界遺産・神の島。情緒あふれる町並みや海岸、そして至るところにいる鹿たちが、不思議な島の魅力を醸し出していた。 ちなみに、私の出身は大阪であったものの、鹿がいる奈良公園には訪れた記憶がないため、

                            スキ
                            21
                            • 目の前で起きる全ての出来事は、近い未来で活かしていけるエッセンス。山口滞在の話。

                              6/14〜6/16の日記。天気は大荒れ、雨と風が激しすぎて髪の毛がボッサになってしまうほど。髪が乱れてしまうのは好きじゃない。福岡の門司港(もじこう)からフェリーに乗って5分後に着いた先は、本州最西端の山口県・下関。大好きになった九州を離れて、また再び本州にやってきた。"戻ってきた"が正しいのかもしれないね。なんだかそれだけで、テンションが少しアップした。只、「いよいよこれから中国・四国地方を巡っていこう〜!」というのに、空を見上げてみれば、あたり一面鈍色世界。。散策するのに

                              スキ
                              22
                              • どんな調子でも、そのままの自分を受け入れてあげていい。

                                6/7~6/14の日記。心の中にある、光と影のバランス。これを大切にしていきたいなって改めて感じたこの頃だった。沖縄から福岡へ戻ってきた私は、6/14から中国・四国地方を巡っていくために、エナジーチャージをしていた。私はどうもお天気模様にガッツリ影響を受けてしまうタイプみたいで、一日・二日のような雨の日ならまだしも、ここ数日間のどんよりとした空気感が心沈んでしまうスイッチとなってしまったのだ。しかも、そういう時に限って、滞在先のホテルで丸一日中篭ってしまったことも助長してしま

                                スキ
                                27
                                • 3度目の沖縄滞在は、梅雨のウチナータイム

                                  5/23-6/7の日記。たくさんの人に支えられて九州一周できた私は、山の上にある鹿児島空港から那覇空港へ飛び立った。九州は2022年になって初めて訪れたけれど、沖縄は3度目となる。中学校の修学旅行、コロナ前に従姉妹の結婚式のお祝いで駆けつけたとき、そして今回。だから、沖縄のことをそこまで深く覚えていなくて、つい最近まで北谷(ちゃたん)のことを「きたや」と言っていたくらいだった。久しぶりの沖縄初日は大雨。後で知ったことなのだけど、どうやら沖縄は今の時期から梅雨が始まっているらし

                                  スキ
                                  27