見出し画像

『時間をもっと大切にするための小さいノート活用術』

「毎日、文房具。」編集長の髙橋拓也さんが、小さいノートのある暮らしを提案。自由に気楽に続けられる小さいノートの活用術を、31個の特選フォーマットとともに紹介する。いますぐに小さいノートを相棒にしたくなる一冊。

「頭の中がモヤモヤして行動に移せない。」

「ノートに何を書いていいか分からない。」

「ノートが続かない。」

という方に、ぜひ読んでいただきたい本です。

本の内容

著者は文房具の魅力を紹介する人気Webマガジン「毎日、文房具。」編集長の髙橋拓也さんです。

この本では、著者が実際に毎日使って効果的だった小さいノートの活用術を、実例写真も見ながら知ることができます。

小さいノートを暮らしに差し込もう

小さいノートのメリットには

・気軽に毎日持ち歩ける

・思いついた時にすぐに書き留められる

・書くスペースが少ないので、内容が端的にまとまる

などがあると言います。

小さいノートは、いついかなる時も、それこそスマホのように、さっと取り出せる場所にあってはじめて意味を持ちます。


小さいノートには頭の中にあることを、些細なことでもどんどんとノートに書き留めるようにします。

そうすることで、こんな変化が期待できます。

・頭の中の小さなあれこれをノートに預かってもらうことで、やりたいことに向き合えるようになる

・散漫な思考を一旦小さいノートに書くことによって、スムーズな行動につなげることができる

・ネガティブな感情も受け止めてもらうことで、気持ちが切り替えられて前向きになれる

ルールは、何もありません。自由に、思いきり、好きなものを好きなように使い倒してください!


使うヒントとなる特選フォーマット

ノートを活用するためのヒントになる31個のフォーマットが、実例写真とともに紹介されています。

例えば

・入門編:やることリスト、アイデアメモ

・行動サポート:タスク振り分け、ハビットトラッカー、三行日記

・アイデア・企画:アイデアテーブル、ミニマインドマップ

・健康管理:怒りメモ、不安メモ

・大人の学びをサポート:本の記録

など。

仕事にも暮らしにも役立ちそうなフォーマットで、とても参考になります。

何を書いていいか迷ってしまう方は、これらのフォーマットの中から気になったものを選んで、真似してみるところから始めると良いと思います。


小さいノート&おすすめ文房具

著者おすすめの小さいノート17冊と、ボールペン、多機能ペン、万年筆、シャープペンシル、カラーペン、持ち歩きサポートアイテムなど使うのが楽しくなる文房具も紹介されています。


小さいノートを手にして日々を過ごす。すると、何かのきっかけで心に浮かぶ、思いつき、深めたいこと、忘れたくないこと、知りたいことが手元に残る。散漫な思考を、スムーズな行動につなげるための、生活の踊り場。小さいノートのある暮らし。あなたも始めてみませんか。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
もったいなきお言葉・・・。
4
暮らしに役立つノート術を発信していきます。ノート作りのオンラインショップ運営 http://my5days.com 。おうちでプリントできるノートを制作 https://printnote.stores.jp 。ズボラから脱却すべく、ノート術を日々研究しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。