デジタルトランスフォーメーション(DX)

95
リバースメンターがDX実現のカギを握るのかも知れない

リバースメンターがDX実現のカギを握るのかも知れない

DX実現のカギを握るのは、リバースメンター制度なんじゃないか、ということをここ最近考えているのです。 リバースメンター制度により共通言語と相互理解、対話不足の解消が期待できます。 上司や先輩が指導者やアドバイザーになり、若い部下や後輩の相談に乗ってキャリア形成をサポートするのがメンター制度です。 リバースメンター制度は、若い部下や後輩が先輩社員や後輩に対してアドバイスなどの支援を行います。 例えば、JK課などのリバースメンター制度の導入には様々なメリットがあります。

スキ
14
破壊的な変革を意識しなければDXは成功しない

破壊的な変革を意識しなければDXは成功しない

DXは、デジタル技術の活用をすることによって、企業におけるビジネスモデルや業務プロセスを変革し、デジタル世界で勝ち残れるように競争力を高めることを意味合いとして用いられています。 2018年に経済産業所が発表したDX推進ガイドラインではデジタル技術による変革を示していますが、あくまでIT化は手段であり、しっかりと変革を意識しないと成功することはありません。 現実問題として70%は失敗に終わっているとされています。 このようなDX失敗の原因は理解不足が一番の要因とされており

スキ
29
自治体BPRとは

自治体BPRとは

テクノロジーが発展したことによって、民間企業では様々な業務改革が進んでいます。この業務改革のことをBPRと呼んでいますが、この業務改革が進む一方で、自治体行政でもたくさんのBPRプロジェクトが進んでいる傾向にあります。 BPRとは、日本語に訳すると業務改革や組織構造の見直しという意味があり、自治体や企業の目標、目的を達成するために、組織の構造や業務フローを再構築することを指しています。 民間企業以外にも、自治体でPBRを実施することにより、様々な変化や改善が見込めます。

スキ
15
DX 先進企業へのヒアリング調査から見る、DX推進のヒント
+1

DX 先進企業へのヒアリング調査から見る、DX推進のヒント

DXを進めるにあたって、何から手を付ければいいの?、何をすればDXになるの?と迷う方も多いと思います。 そこで、参考にしていただきたいのが、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が公開したDX先進企業のヒアリング調査です。 DX推進のヒントが詰まっています。 その調査で得られたDX先端企業のキーメッセージを4つのカテゴリにわけて紹介しています。 興味深い内容は、「DXを推進する体制と人材」に、記載している「八咫烏(やたがらす)人材」についてです。 多くの DX の先進

スキ
33
日本のデジタル化が進まない理由ってなんだろう#2

日本のデジタル化が進まない理由ってなんだろう#2

日本は、1980年ぐらいまでは世界の中で最先端を走っていた国ですが、2010年以降はIT後進国などと言われるようになり、デジタル化が非常に遅れています。 特にコロナウィルスが蔓延した時、学校は休校になりましたがこの時デジタル化していないことが仇となり授業がストップしたわけです。 現在では、小学生に1人1台のパソコンが与えられており、オンライン授業が行われています。 しかしそれは、コロナウィルスが蔓延したことで本格的にノートパソコンを使い始めたわけです。 以前からノート

スキ
18
日本のデジタル化が進まない理由ってなんだろう#1

日本のデジタル化が進まない理由ってなんだろう#1

日本はIT技術の先進国だと思われがちですが、デジタル化が停滞しているという状況があります。 それには多くの理由がありますが、その中でも特に大きいのは過去の延長線上の経営です。 デジタルが苦手な経営層が牛耳っている場合、古い体質のまま企業活動が継続されていきます。 昭和からあまり変化していないケースも珍しくありません。 そして、若手の社員がデジタル化を推進しようとしても、その抵抗勢力となって門前払いしてしまうのです。そういう経営陣には、自分たちが築き上げてきた方法で取り組

スキ
40
IT人材は、採用から社内教育へシフトしていく理由

IT人材は、採用から社内教育へシフトしていく理由

近年、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進の動きが日本でも活発化してますが、DX実現のためには新たなIT人材を確保する必要があります。 IPA(情報処理推進機構)のレポートでは、DX推進に必要な職種を6つに分類しています。 具体的には、「ビジネスプロデューサー」「ビジネスデザイナー」「アーキテクト」「データサイエンティスト」「UXデザイナー」「エンジニア」という6つの職種です。 DX推進を担う従業員には、IT分野に関する基礎知識とともに、プロジェクトマネジメント能

スキ
26
業務のデジタル化を進める意味と進め方

業務のデジタル化を進める意味と進め方

近年では、様々なことがデジタル化を推進される現代となっており、企業のデジタル化は生き残りのためにも必要不可欠です。 デジタル化とは、デジタル技術やデータをもとにして、新しい価値の創造を意味します。 デジタル化を進める意味としては、業務効率化と生産性の向上、また多様な働き方の実現など、様々なメリットを確保するためにも重要です。 これまでアナログで行なっていた業務をデジタル化することにより、これまでにかかっていた時間や手間を省くことができ、業務効率が向上し生産性の向上にもつ

スキ
31
DX実現に欠かせない社内データ連携のメリット

DX実現に欠かせない社内データ連携のメリット

既存システムの刷新に着手しこれまで情報化をしてこなかった面を情報化させるのはもちろん、既に情報化してあった面をますます高度な情報化に繋げるのは企業の成長と共に、企業に在籍し働いている方々にとっても働きやすいきっかけになります。 しかも、従業員が働きやすい環境が得られた事で業務が効率化しより顧客からの支持も高まるという好循環が発生させられるのも特徴的かつ魅力ですが、DXを実現させるうえで欠かせないのが、ツールを活用したデータ連携です。 ツールを活用したデータ連携を実現させる

スキ
18
サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)とは何かを分かりやすく解説

サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)とは何かを分かりやすく解説

サステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)とは、様々な要因による環境変化が著しい現代の中で、企業の「稼ぐ力」の持続化・強化と将来的な社会の姿を同期化させた様々な戦略の進め方や企業のあり方などを定義した方針となっています。 現代社会ではデジタル化の加速を始めとする社会の大きな変革や、これに伴う働き方の変化及び社会情勢の変化などに対応する企業の方向性や政治の方向性が非常に大きな課題となっていると考えられ、これらに適用するためには企業や社会が様々な問題に柔軟に対応できる耐

スキ
18