見出し画像

往年の名車・トヨタ2000GTをガレージカレントにて販売中です。

カレント自動車広報

こんにちは、カレント自動車広報の丸山です。


本日はタイトルにもある通り、トヨタが誇る名車「2000GT」をご紹介します!こちらはガレージカレントにて販売中です。

トヨタ2000GTとは

1967年〜1970年に発売され、当時最先端の高性能技術と流麗なスタイリングで日本が世界に誇るスポーツカーとして誕生しました。デザイナーは同じくトヨタのコロナやカリーナを手がけた野崎喩氏です。流麗ボディスタイリングと独特なヘッドライトデザイン、あのピアノのヤマハが開発したエンジンを搭載した豪華絢爛な一台。3年間でたったの337台しか生産されておらず、当時の発売価格は238万円。当時の大卒初任給が26,200円で、同時期に販売されていたS30型日産フェアレディZが84万円ほどだったことを考えると非常に高価な市販車だったことが想像できると思います。

俳優の唐沢寿明さんが愛車の2000GTロードスターをトヨタ博物館に寄贈したことも有名ですね。

1968年式前期型。ボディカラーはペガサスホワイト。
流れるような美しいボディライン

スペック

グレード:トヨタ2000GT
車両型式:MF10
重量(kg):1120
寸法:全長(mm)4175全幅(mm)1600全高(mm)1160
ホイールベース(mm):2330
エンジン型式:3M
エンジン種類:水冷直列6気筒DOHC
排気量(cm3):1988
最高出力kW(PS)/r.p.m.:-/150/6600
※トヨタ自動車75年史より

ヤマハ発動機と共同開発のエンジン
ヘッドライトが4つ?!と思うかもしれないが、下はフォグランプ。リトラクタブルヘッドライトはフロントノーズが低い分高さを確保するために採用された日本車初の車となる。
なぜこんなにフォグがでかいのか?元々はここにヘッドライトがくる設計だったが北米の安全基準に満たなかったからフォグを収めたとかなんとか。詳しく知っている方いたら教えてください。
ウッドのインパネが美しい内装

世界に果敢に挑んだパフォーマンスカー

1960年代のレースだと、1963年の日本グランプリでポルシェ904を抜いたスカイラインGTの”スカイライン伝説”が有名で他の車の活躍が薄れてしまいますが、トヨタ2000GTも大きな記録を残しています。
1966年10月、日本自動車研究所にて行われた、世界自動車連盟とJAF公認のスピードトライアルで3つの世界新記録と13の国際新記録を樹立。スピードトライアルとは名前の通りスピード(速さ)を競うレースで、それまでヨーロッパの一流メーカーが記録を持っていたため、日本車のポテンシャルを世界にアピールできる機会となりました。


\カーセンサーにも掲載中/


生涯でまた出会えるかわからない名車なので、思わず2ショットを撮りました

実物を見た感想としては、車高が想像以上に低くかなりコンパクトな印象を受けましたが、スタイリングが美しすぎて希少名車と並ぶ中でも一際存在感を放っていました。

ポルシェ964カレラ2と並んでも際立つこの車高の低さ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


この記事が少しでもいいなと思った方は、スキを押していただけると大変励みになります!


車好きが唸るSNSはこちらからどうぞ👇

▼Instagram
外車王:https://www.instagram.com/gaishaoh/
旧車王:https://www.instagram.com/qsha.oh/
ガレージカレント:https://www.instagram.com/garagecurrent/
ガレーヂカレントジャパン:https://www.instagram.com/garagecurrent_japan/
ガレージカレントU.S.:https://www.instagram.com/garagecurrent_us/

▼Twitter
外車王:https://twitter.com/gaishaoh
旧車王:https://twitter.com/qsha_oh
ガレージカレント:https://twitter.com/garagecurrent

▼TikTok
外車王:https://www.tiktok.com/@gaishaoh?lang=ja-JP
旧車王:https://www.tiktok.com/@qshaoh?lang=ja-JP