見出し画像

「仕事は生活するための手段」そう割り切っていた彼女が、今では仕事が楽しくて仕方ない理由

パーソルプロセス&テクノロジー(以下パーソルP&T)独自のSaaSプロダクトを手がける部署として立ち上がったHITO-Linkサービス開発部。HR分野で高い評価を得ている『HITO-Link リクルーティング』(*1)、『HITO-Link パフォーマンス』(*2)を企画・開発し、導入支援やマーケティングまで一貫しておこなっています。そんなHITO-Linkサービス開発部では、どんな想いを持った人が働いているのでしょうか。メンバーの伊藤紗恵さんにお話を聞きました。

*1…… 採用活動に伴う人事の膨大な業務を自動化・効率化し、人材に向き合う時間を生み出す採用管理サービス。「オペレーション業務の削減」と「採用スピードの向上」を実現できる。

*2……目標の進捗管理を通じて、個人のパフォーマンスとチームの成果を最大化する目標管理法OKR(Objectives and Key Results)や1on1・週報・社員へのフィードバックなどを管理するサービス。社員のパフォーマンスを高め、納得感のある評価を実現できる。

社会人歴12年を経て変化した、仕事に対する価値観

画像1

――まず、伊藤さんのキャリアについて教えてください。

2006年に新卒で大手損保会社に入社して、トータルで12年勤めました。入社後すぐ配属されたのは人事部。そこで、人事評価や雇用管理の運用を担当していたのですが、1年目の終わり頃に結婚・妊娠して、2年目、3年目はほぼ産休・育休。働き始めて間もない段階で、いきなり長く現場を離れてしまいまして(笑)。

4年目に現場に復帰しましたが、5年目から再び1年半産休・育休に。その後復帰して1年ほど働き、人事としてのキャリアの年数は長くなっていましたが、実働は3年半くらいですね。そこから一度人事を離れて、保険金支払いの部署に異動。医療保険の支払い業務を1年半担当しました。そのあと、グループ会社に出向して人事企画を丸4年担当した後、2018年10月にパーソルP&Tに転職しました。

――12年も勤務した会社での安定したキャリアを捨てて、なぜ転職しようと思ったのでしょう?

やりたいことに出会ったからです。かつての私は、正直仕事を楽しいものだと思っていませんでした。働くのは生活のため、仕事は毎日会社に行って、なんとなく日々のタスクをこなすこと。それ以上は特に求めてなくて。でも、グループ会社に出向していろんな社外の人と出会ううちに、「仕事って楽しいものなんだ!」と驚いたんです。みんな楽しそうに働いているし、情熱を持っていた。

「彼ら彼女らのように楽しく働きたい」そう思った私は、経産省が主催していた『始動』というイノベーター育成プログラムに応募しました。このプログラムを通して、「自分がやりたいのは、多くの人が楽しく働けるようになる新しいサービスをつくることだ」と気づいたんです。

そんなとき、ある人からパーソルP&TのHITO-Linkを紹介されて、「まさに私がやりたかったことだ!」と思い、入社を決めました。

PRとカスタマーサクセスで事業の成長を加速させる

画像2

――伊藤さんのお仕事を教えてもらえますか?

私がジョインしたのはHITO-Link パフォーマンスがローンチして半年のタイミングだったので、まだサービスの認知度が低くチームメンバーも少なかったため、幅広い業務を担当してきました。現在のメイン業務としては、PRとカスタマーサクセス(以下CS)ですね。

私は主に『HITO-Link パフォーマンス』を担当しているのですが、このプロダクトは目標の進捗管理を通じて、個人のパフォーマンスとチームの成果を最大化するフレームワーク「OKR」を用いた人材マネジメントツールです。

現在はまず、より多くの方にこの「OKR」の重要性を認識していただくためのPRが必要な段階。そのため「そもそもOKRとはなんぞや」というイベントを定期的に開催しています。また、オウンドメディア「組織づくりベース」を立ち上げてエンゲージメントを高めるノウハウなどのコンテンツをつくっています。

一方、CSとしては、プロダクトの導入~運用支援をしています。実はCSという概念をこの会社に入って初めて知ったので、最初は何をすればいいのかよく分かっていませんでした。でも、自分なりに学び、折衝を経験していくうちに、お客様とエンジニアのハブとなり、それをプロダクトに反映できるポジションだと分かってきました。

CSというと最初は「サポート役」というイメージが強かったのですが、CSの役割はそれだけじゃないんですよね。お客様と課題を共有し、サービス開発に反映する。それによって、プロダクトや部署の成長を加速できる。ユーザーに一番近いところにいるからこそ、適切なPRやブランディングもできるので、すごく重要なポジションだと思っています。

誰よりもプロダクトに向き合っている自負がある

画像3

――そういった意味では、やりがいも大きいですね。

そうですね。まずCSに関していうと、試行錯誤しながらサービスをつくっていけるので、すごく楽しいです。そもそもSaaSプロダクト以外の場合だと、商品を売ったら終わりですし、システムに関しても新規開発時や改修時にしかお金が発生しません。

でも、HITO-LinkのようなSaaSの場合、毎月の使用料だけをいただくモデルで、使わないならいつでも解約できるし、入り口の費用も安い。だからこそ、契約後にいかに継続していただくか、お客様の声を聞きながら考える必要があります。

自分たちが実現したい世界と顧客ニーズのバランスを考えることも大切なので、「そもそもなんでHITO-Linkをつくったんだっけ。HITO-Linkをどうしたいんだっけ」ということは社内でも議論しますし、エンジニアさんとも密に連携しています。そういった意味で、社内のみんなやお客様と一緒にプロダクトをつくっていける環境です。

先日もOKRを導入する企業でセミナーを開催したのですが、社長・副社長・監査役・経営管理といったボードメンバーと「そのミッション・ビションでいいのか」という議論になってとても楽しかったです。

PR関連の業務も、イベントを通じていろんな会社の経営陣と接する機会があるので面白いですよ。『HITO-Link パフォーマンス』に関しては、いまOKRを紹介するイベントを半年で5回くらいのペースで開催しているのですが、運営は全て自分たちで行なっています。

最近は有名企業の経営陣をお招きする機会も多く、イベントの立ち上げから半年経過した現在はありがたいことに毎回満員御礼、集客人数も増えてきました。登壇者・参加者・運営チーム全員がウィン・ウィン・ウィンの関係になるイベント創りを目指しています。

――お客様に導入の提案をする際、サービスの特徴としてどんなことをお伝えしていますか?

世の中には様々なHR-Techのプロダクトが存在しますが、OKRを軸にしたサービスに関しては2〜3個しかありません。肌感としてOKRに特化したサービスでは『HITO-Link パフォーマンス』は国内トップクラスの導入実績になるのではないかと思います。

高評価をいただけている理由としては、目標管理手法、組織と人材の関係という点を深く考えて作られているというのが大きいのではないでしょうか。私たちほどOKRについて考えているチームって、おそらく日本にはほとんどないと思うんです。私にいたっては「人類のOKRとは何か」まで考えているので(笑)。それくらい情熱を持ったチームがつくっているものなので、プロダクトには自信があります。

「働くって、楽しい」が当たり前の世界へ

画像4

――今後の展望について教えてください。

いまは素晴らしいマインドの人たちに囲まれていて、チーム一丸となって目標に向かっている実感があります。ただ、サービスを0からつくり、シェアを拡大することに関しては、日々トライ&エラーを繰り返しています。組織としての形はできてきましたが、さらにビジネスをグロースさせて、社会に価値をだしていきたいです。

そのためにまず、お客様に伴走しながら多くの成功事例を創り上げていくことに注力しています。その取り組みのひとつとして、お客様の導入事例をインタビューしてコンテンツにする取り組みをしているのですが、体制を強化してさらに小まめな発信ができるようにしたいと思います。

また、2019年秋頃に新たにHITO-Linkシリーズで採用マーケティングシステムをリリースします。こちらのプロダクトも早く軌道に乗せたいですね。

――ちなみに、CSは未経験でも務まるものなのでしょうか?

務まると思います。そもそもCSの経験者って世の中にまだ多くないんですよね。私自身もCSに関しては全くの素人でしたし。お客様のビジネスを理解し、コミュニケーションを深めていく仕事になるので、BtoBの営業経験なども業務に活かせると思います。

ーー最後に読者にメッセージをお願いします。

私は楽しく働く大人を増やしたくてパーソルP&Tに入社しました。仕事を通じてそれが実現できている今、同じ目的を持って本気で仕事に取り組む仲間と共に、私自身も楽しく働けています。経験が浅くても、本当にこれがやりたいと思える仕事と情熱がある人なら、きっと楽しく働けます!だって私がそうだったんですから。

HITO-Linkサービス開発部では、一緒に働く仲間を募集しています。興味をお持ちの方は、こちらからご応募ください!

=================================================

\HITO-Linkのタレントネットワークに参加する!/
HITO-Linkサービス開発部の、働く仲間・仕事内容・プロダクト情報などを不定期配信していきます。
SNSをフォローする感覚で、こちらからお気軽にタレントネットワークにご参加ください!
==================================================

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!更新、頑張ります!
67
パーソルプロセス&テクノロジーでは、どんな人が、どんな挑戦をして、どんな成果が出ているのでしょう?「意外と知られてないすごいこと」が色々。その「すごいこと」をお伝えすべく、採用チームがキーパーソンにインタビューしていきます!https://www.persol-pt.co.jp/
コメント (1)
伊藤さん!素晴らしい!まさに女性の新たな働き方のスタイルを突き刺すんでください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。