デート:早稲田生と卓球(前編)

こんにちは。

どうも、卓球を無性にしたくなっているコスモオナンです。

この度、卓球デートなるものを、異性と、あっ、したいよという気持ちが出ましたものですから、Twitterで募集致しました。

なぜこの令和の時代に、卓球なんですか?コスモさんというお声も頂きました、はい。


それはズバリ、

わたしがシャイだからです。

スポーツにギャラリーは付き物ですよね。
いつだって、応援されてしまうもの。

でも、恥ずかしいんだ。応援されるのは。実力が全く出ないんだ。

中学高校と、バスケとかサッカーの試合で応援されてしまうと、緊張して気が動転してオウンゴール!を決めてしまい、仲間から幾度となく殺されかけた私は、まじでスポーツ時の応援NG。

卓球も応援あるのでは?という事もありますが、卓球バーとかだと、きっとギャラリーがあまりいないと信じています。

2人だけで夢中に試合できる環境。ルールがわかりやすく、適度な時間遊べる。

大好きなタマだけを見つめ、ラリーをすれば、もう最高。

しかもお相手も、タマをどこかに隠し持っている可能性があるときた。

というわけで、長くなりましたが、卓球を選んだ理由となります。

デートのお相手の募集要項は以下の通り。

第一回目の募集で、早稲田生が応募してくれていたのだが、やはり私というモンスターとデートするのは勇気が出ず辞退されてしまった。

ソコマデワタシコワクナイヨ。

涙の再募集!!!ということで、目には目を!ということで、早稲田には早稲田を。


そしてすぐ早稲田生の若い男の子からDMが来た。

年齢は、21歳。
私より5歳も年下の男の子。

元カレすら2歳下であったのに、完全なる弟感、お姉ちゃん感が出てしまわないか、緊張した。

DMをやり取りしていると、とても優しいんだが、彼の言葉の中に少し危なさを感じた。

若さゆえの言葉の感覚。
5歳も下の子はこんな言葉感覚なんだ。

でも私を尊重してくれる気遣いもある。
ふざけの精神も、わたしよりかなりあるみたい。

言葉の掛け合いで、向こうがひどいことをワザと言ってくる事がある。
ひどいことを言われたなら、おもろいことで上乗せして超えていくのが、コスモオナンである。

しかし、時に、地味にこちらがショックを受けたりすると、それを素早く察知してくれ、すかさずフォローを入れてくれた。

アメとムチをうまく使われているのか、押して引いてのやり取りに、気づけば魅了されて言葉をたくさん交換していた。

そんなツンデレな彼なのだが、私からの急な「結婚しよう」という言葉には、ほんの少し、たじろいだ感じが画面上で分かって、かわいいなと思った。

5歳上のOL26歳からの「結婚しよう」は、かなり重いと思う。

彼はまだ学生、恋もこれから多くしたいだろう。それなのにこんな企画に応募してくれて、ほんとに高田馬場で頭でも打ったのだろうか。

強めに打ってくれて、まじ感謝。保険適用まじ感謝。

そんなこんなで、明後日の金曜日に、彼と都内で夜に卓球をすることになった。

おばさん、うれしいよ。
タマを持った若い子とタマを打ち合えるなんて。
オナンカンゲキッ!!!

令和始まって以来、1番身だしなみに気をつけて、このデートに臨もうと思う。

そして会って早々、腕相撲をしようと思う。
やられる前に、やってしまおう。

では、後半戦、乞うご期待。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは!コスモです。サポートしてくれたら、私の好きな男性のタイプか、弱点をお教えします。

うれしいし、すきだし、結婚したい。
5
こんばんは。私もあなたも宇宙人。私の身に降りかかった事件をちょこちょこ書いていきます。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。