松井工務店
Excel VBAでチャットツールを作った話

Excel VBAでチャットツールを作った話

松井工務店

前回は、AutoCADとVBAで「なんちゃって画像解析」を作った話をしました。今回は、チャットツールを作った話です。

顛末から。

部署ごと本社に異動してしまい、派遣社員の私が取り残されることに。

メールでの細切れのやりとりにちょっと困ったなあ、というところに、本社にいる聴覚障害の社員さんの技術教育(CADの使い方、図面の読み方、流体解析用の形状、メッシュ作成)をすることになりました。

ということで、かんたんにやりとりできるシステムを使わないとやってけない!やりとりを一覧で見たい!画像も、その中で見たい!

が、Slackとかは到底使えないので、ネットワークで使える仕組みを作りました。

手始めに、バッチファイル(コマンドプロンプト)を使った文字チャットシステム。これはなかなか手軽でよかったです。が、やはり画像でやりとりしないといけないケースが多かったので、Excel VBAの出番になりました。

仕組みの概略は
・文字で入力したものは、入力終了で「Enter」を押すだけで画面にアップロードできる(もちろん、「投稿」ボタンも設置する)
・画像は、snippingtoolで範囲を選択して「投稿」を押すと画面にアップロードできる
・履歴は見やすく保存される
・アクセス簡単
・誰でも参加できる

ということで、htmlでの運用に決めました。

これを作るためのExcelとVBAがやることは

・指定セルに入力したものをhtmlファイルに貼り付ける
・投稿した人の名前と投稿時間を追記
・クリップボードにある画像を貼り付ける
・Excel内にブラウザ埋め込んでhtmlファイルを表示
・htmlファイルは自動更新モードにする
・文字や画像の並びは、下から上、の順番。
・htmlファイルをネットワーク上に置くことで、離れた場所からアクセスできる、つまり、チャットができる!
ということです。

下から上の順番にしたのは、自動更新にするといちいち画面が上に戻ってしまい、新しいスレッドが見られない・・・ということから。

上の内容で作れば、とっても便利なチャットツール、名付けて「なんちゃっと」が作れます!

簡単な説明ですが、今日は時間がないのでこのへんで!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
松井工務店

面白いと思ったら、スキと一緒にぜひサポートお願いします。励みになります!

松井工務店
医薬・化学プラントのプロセス/ケミカルエンジニア、流体解析。CAEソフト(主に熱流体)の技術営業(ソリューション営業)とテクニカルサポート、プラントエンジニアリング、プロセスシミュレータ。仕事は楽しくやれる体質。