見出し画像

頼られる存在へ

今日の写真は
宮崎県小林市に位置する
大幡前山という山を登るスタッフの1枚。
寒いのが苦手な僕と違い
北国生まれで寒さに強いスタッフ。

僕がスタッフを採用した際
スタッフに伝えた言葉。

"アシスタントにならないで下さい"

僕の会社で働くからといって
僕はアシスタントを求めている訳ではなく
一緒に働くパートナーを求めています。

だから
僕のアシスタントをして
僕を蔭で支える役割を担うのではなく
表に立ってお客様を支えてください。

僕がスタッフに伝えた内容です。

見知らぬ土地
そして慣れない土地
知らない方々を前に
働き始めたスタッフですが

スタッフが居ることで
会社としてお客様に
提案できることが広がり

スタッフが居ることで
会社が目指す道が
より良い方向へ向かえるようになりました。


今では僕と同じように。
時には僕以上にお客様を想い
緊急事態宣言下で
大変な想いをしているだろうという
お客様をいつも気にしています。

昨日
案内人のmotoさんと
山へ出かけた際

スタッフが日々奮闘しているからこそ
今ではスタッフが
お客様に慕われ
頼られる存在になったなと
感慨深く話されていました。

僕にとっては
泣く寸前ほどに嬉しい言葉です。

店に立っていましても
彼女を慕って訪れる方が多く
お客様に慕われる姿を見ていると
じんわり感動する店主です。

店でお客様と
日々接していますと
お客様の成長を感じることが
多く存在します。

そんな時スタッフは
時折"逞しくなったね"と涙し
僕に笑われます。

良いスタッフが
働いてくれているもので

お客様もスタッフも一緒に
もっと楽しく
より良い環境を作り出していきたいものです。

世の中の会社や仕事には
それぞれに素晴らしいドラマが存在し
様々な人生が存在しています。

"緊急事態宣言"

先日、宮崎県にも県独自で出され
大変だとお客様や事業者の方々と
話す機会が増えました。

SDGs
"誰一人取り残さない世界の実現"
などと耳にしますが

"誰一人取り残さない"
と語る人が
"外出を避け、ネットでモノを買いましょう"
と語る。

その裏では
素晴らしいドラマが失われてしまった。

僕ら自身が
お互いを頼り、お互いを支え
お互いの道を作り進んでいく。

僕の店で
最高に素晴らしいスタッフが働くように
僕以外の会社でも
最高に素晴らしいスタッフの方々が働いています。

みんなで笑い合えるよう
僕らももっと
頼られる存在となっていきたいものです。

"誰一人取り残さない"と言いながら
取り残されている人が
多すぎる気がします。

僕らには
"誰一人取り残さない"などとは
到底語ることができませんが

今日も僕らを支えてくださる方々に
真摯に向き合って働きましょう。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただきましたお金は、僕の住む地域でより面白いことを実施するためなどに、大切に使わせていただきます。 サポートよろしくお願いいたします。

21
福岡県出身、宮崎県でアウトドアのお店を営んでおります。店以外にも色々お手伝いさせていただいておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。 https://portal.miyazaki.jp/