SHOGO NAKANO

福岡県出身、宮崎県でアウトドアのお店を営んでおります。店以外にも色々お手伝いさせていただいておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。 https://lit.link/portal

SHOGO NAKANO

福岡県出身、宮崎県でアウトドアのお店を営んでおります。店以外にも色々お手伝いさせていただいておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。 https://lit.link/portal

    最近の記事

    知恵足りず

    昨今の情勢が落ち着き始めた影響か、ここしばらくは県内外から様々な仕事の打診をいただいたり、打ち合わせを行ったり、県外からわざわざ足を運んでくださるお客様と話す機会も増え、何だか世の中が動き出した感を感じる今日この頃です。 来たものにはお応えしたい性分で観光コンテンツの開発、新規お取引、商品開発、イベントの企画と、最近は「何屋だ」と自分でも分からなくなることがありますが、お相手の方が色々と調べて下さって、僕らのような小さな会社に提案を持って来てくださるのは本当に嬉しいことです

      • 人と同じなのは、嫌なことなのか

        店に立って色々な方と話をして、モノを販売してお客様に手渡すというのは面白いものです。 僕の場合、登山・ハイキング・クライミング・渓流釣りといった自然体験で使用するアイテムを販売している為、お客様は「何がしたい」「どこに行く」と、目的を話して下さって、僕らはそれに対して最適なものをご説明して、使用方法の説明や注意点、時に安全管理の方法や使い方を実践しながらお客様に渡していきます。 お客様のニーズ特段アウトドアに限ったことではありませんが、要は「◯◯したい」というお客様のご要望

        • 小さな会社の役割、大きな会社の役割

          この秋はアウトドアの店を営む立場であるにも関わらず怪我をしてしまい、外出機会が減ってしまったため、事務仕事に明け暮れる店主です。 どうせ出かけられないのであればと、今の機会に仕事の打ち合わせを入れたりと、身体は不自由でありつつも仕事三昧。 お蔭で最近はコツコツとした事務仕事に面白みを見出しております。 打ち合わせ三昧怪我のお蔭というのも変な話ですが、僕が大抵店に居るので最近は行政の方や企業の方、個人事業主の方などがお越しになり、仕事の打ち合わせを行うことが増えました…

          • 続けていればこそ

            そろそろ紅葉の季節という、山を歩くのに気持ちいい季節にも関わらず、骨折やら肉離れと怪我が続き、しばらくはリハビリ生活。 どうせ動けないのでと、最近はデスクワークの鬼と化しています…汗 もうすぐ骨折した骨も付きそうだということでギブスを外して仕事。 最近はアウトドアを営む僕の店に、不思議と副業の相談をしにくる方が目立ちます。 そんな副業の話はさておき、共通して仰ってくださる嬉しいことが存在するのであります。 店のメッセージを汲み取って僕らは宮崎県という小さな商圏で、アウト

            毎日の美しさに感動する気持ちを大切に

            怪我をして身体が動かせなければ、本を読んで感動したり仕事に没頭することができ、昨今の情勢が大変であれば、仕事に対して真剣に試行錯誤し、模索する日々を送ることが出来ます。 森を歩けば、1枚1枚異なる葉の色をした木を眺め感動でき 川を眺めれば、24時間流れ続ける水に感動できます。 魚を釣れば美しい模様に感動し 渓谷を歩けば、水が作った美しい風景に感動することが出来ます。 山を歩けば四季折々の美しい草花を楽しめ 様々な野鳥の声を聞いて楽しむことが出来ます。 都会に住んでいれ

            起きたら仕事、寝るまで仕事、怪我しても仕事

            会社を作って5年目の秋。 5回目の紅葉の季節は、骨折・肉離れと久々の怪我で、ゆっくり安静に治しつつ「完治したら運動再開だな」とそんな季節。 よく「3年は辛抱だ」なんて言われることがありましたが、 5年目に入った今も起きたら仕事、寝るまで仕事な日々でございまして「辛抱ってなんだ」と、描きながらに思うのであります。 おまけに今年の秋は、手の骨折・足の肉離れと、怪我も重なりつつも山へ仕事に。さすがに屋外仕事ができない状態に陥ってしまい、キャンセルせざるを得ない仕事もありますが「

            お客様や地域が望むことを好きになる

            "太陽と橋と渓谷と" 僕らが仕事でよくお世話になる、宮崎県の日之影町という町のキャッチフレーズです。 お客様の望み、地域の望みを、僕らの仕事に山を歩いたりと登山やハイキングを主体として仕事をする僕らの店で、渓流釣りという遊びを一つの提案として強化し始めたのは、この町とのお付き合いが強くなってからのこと。 元々趣味として渓流釣りは長く嗜んでおり、それを仕事にすることはずっと敬遠していましたが、"太陽と橋と渓谷と"というキャッチフレーズの町との仕事や、"尖峰と渓谷が育む森と水

            言わねば伝わらず、聞かねば分からず

            時折"言わずとも伝わる関係性"なるものに憧れることがある僕ですが、その度に幻想だと思うのであります。 人と人との関係性で相手に何かを伝えることは、基本的に難しく、相手が何を考えているのかを知ることもまた然り。言わねば伝わらず、聞かねば分からないものだと思うのです。 職場や家族においても例えば毎日、長時間顔を合わせる職場の関係性ですら、働いてくれているスタッフが何を考え、どんなことをしたいのかは聞かねば分からず、僕が何をしたいのかも言わねば伝わりません。 だから僕は業務中で

            台風14号で思う自分達の地域への情愛

            先日九州を直撃した台風14号。 幸い僕らの店では店舗の一部が破損した程度で、大きな被害を受けることはありませんでしたが 馴染みの知人の家は浸水し、友人の畑はビニールハウスが吹っ飛び、山間部へ向かう道路は遮断され、僕らが釣りを楽しむ渓谷は濁流となり、僕らがよく訪れる山は登山口までの林道が崩壊し、いつ訪れることが出来るのかは、まだ分からない状態。 各地から色々と近況が届くたびに、その被害の大きさに驚きますが、その反面気づくこともあります。 山間部への情愛上鹿川・日之影・高千穂

            感謝の意を伝える

            僕はアウトドアの店を営むという仕事柄 山や山間部に出かけ 山間部の方と話をする機会が多くあります。 そして山間部の方々と話をし いつも心地よく、素敵だなと思うことがあります。 ありがとうと挨拶これは当然、人によって異なるものですが 山間部に出かけ、山間部の方と 話をしていますと おはよう、こんにちはという挨拶を 見ず知らずの方とも交わします。 そして山間部の方を訪ねて出かけた時は いつも決まって 「わざわざ、ありがとう」と言われます。 僕はアポイント無しで 突然山間

            明日も笑って仕事をしよう

            今日の仕事中 悲惨な報道を耳にし、終日落ち込んだ気持ちで 仕事をしてしまうものでした。 何か志や信念を持って 仕事に取り組んでいたり、働いたりしていれば 一度は政治家という方々の凄まじさに 感動したこともあるかと思います。 僕には想像もつかないような大きな責任の中で 毎日を過ごすことが、どれだけ大変だろうかと 何度感服したことか分かりません。 「美しい国」と称された僕らが暮らす場所。 それは、僕も仕事を通して 美しさを体感し、それを多くの方に伝えようと努め 「一億総活

            顧客の夢

            あるお客様(仮にAさんとして)が 先日自然の中に出かけている際に 夢を語ってくださいました。 様々なお客様と 多くの時間をご一緒させていただいていますと 時折お客様が楽しそうに 夢の話をしてくださいます。 夢想家な僕は そんなお客様の夢の話を聞くことが 好きでなりません。 ・ Aさんが語ってくれた夢。 店が運営するCOMMUNITYは カッコいい人が多くて いつも憧れだなと思いながら見ています。 だからそこに属しながら みんなでシーンをもっとカッコよく 何か良いこと

            客の為になる物を売れ

            「客の為になる物を売れ」 僕が初めて社会に出た時に 最初の上司に教わった 近江商人の言葉のひとつです。 今のご時世 古い考え方かもしれませんが 最初の上司に教わった言葉が 20年も経つ今でも頭に常に存在します。 ・ 今日で4年度の仕事を終えて 棚卸しの時間を作らねばと考えつつ 改めて来年度の行動指針を自分の中で しっかりと考えようと 頭の整理の時間も作りながら独り言をブツブツと。 お客様との時間3月は11日 4月は12日 5月は14日 山や渓谷と、自然の中に出かけてい

            感謝の季節

            久々の更新になりますが 今月は僕の会社の決算月。 毎シーズンのことですが、事務処理に追われる季節。 年度の終わりに向けて 色々と事務処理を行い 色々な数字を見直し 毎シーズン、お客様に 改めて感謝するタイミングでもあります。 ゆとりもないままに創業した会社も 今では社員が働いてくださり 手伝いをしようとしてくださる方も増え 多くのお客様が支えてくださり 昨今の情勢が落ち着き? 再び遠方からお越しのお客様も目立ってまいりました。 4年 個人的には、まだ4年かと 頭を抱え

            試行錯誤

            僕は遊ぶのが好きですが 遊んでいると常々思うことがあります。 山を歩いていても 魚を釣っていても 上手くいく時や調子良い時もあれば 全くダメな時も調子が悪い時もあります。 ・ それらには何らかの理由があり 例えば釣りをしているのに 魚が釣れないのにも 何かの理由が存在します。 それを"なぜだろう"と考えて どうすれば改善できるだろうと 試行錯誤する。 改善して上手くいく時もあれば それでも上手くいかずに また"なぜだろう"と試行錯誤することも。 ・ どうしても

            伝え上手は得をする

            店に立っていたり 売り合わせで出ていたり 様々な方と会う中で 伝え上手は得をするなぁと 常々思います。 よく色んな方と話をしますが "伝える"ということをしなければ 基本的には物事は伝わらないものが 多いと思っています。 ・ それは 何かをしたいという気持ちも ありがとうという感謝も。 日々仕事をしていて 何かを伝えることの大切さを 常々大切だと感じると共に 伝えることの難しさも 常々痛感します。 良かれと思って伝えることも 受取り方によっては悪影響を 及ぼすことも