見出し画像

ウミガメの涙

先日深夜、友人よりLINE。

「ウミガメが産卵のために上陸」

バタバタしているので次回、と思ったのだが、辛抱たまらなくなってクルマを走らせた。

到着したときはまだ産卵場所を探しているところで、しばし待機。

どうやらまだ出産経験がない、もしくは浅い個体で、慎重な上に慎重を重ねて産卵場所をじっくりと探しているらしい。

そしてようやく場所が決まったようで、ボランティアさんの合図でウミガメの元へ近づく。

産卵に来ていたのはアオウミガメ。
陸に上がった生きているアオウミガメを初めて見たが、本当に青かった。はたしてアカウミガメは本当に赤いのだろうか?

琉大の学生? が調査に来ていたが、甲羅の長さは1メートル弱といっていたように聞こえた。

卵を産み落としているところは、砂で隠れていて見えなかったが、涙を流しているところや切なそうな声やため息(?)は聞くことができた。

子供たちにも見せてあげたいけど、深夜だからな。ちょっと難しいか。暗いし、静かにもできないだろうからなぁ。

ちょっと光を当て過ぎじゃないのかなぁ、と気になったけど…… そう思いながらも撮っているから、自分も同罪。

邪魔してゴメンね。

自然界を生き残れる、たくましい子たちが生まれてきますように。

月夜と相まって、なんとも幻想的な時間だった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とっても嬉しいです!
1
沖縄でフリーのカメラマンをしているポルコです。ポルコフォトグラフとして、親子写真・子供写真などの出張撮影や、星空をバックに記念撮影する島宙(しまそら)記念寫眞を中心に、取材から広告、イベント、料理などなど様々な撮影をしています。 https://porcophoto.com

こちらでもピックアップされています

沖縄、カメラ、星空、そして焚火
沖縄、カメラ、星空、そして焚火
  • 54本

沖縄で出張撮影・星空フォトをやっているポルコフォトグラフのフォトグラファー、ポルコことミヤイチです。 自分が子供のときから子供が好きで(笑)、いまのメインテーマも子供撮影。最近は星空フォトも手がけるようになりました。 そんなポルコのカメラ生活、仕事、撮影に関するノウハウ、そのほか質問があればそれに答えていきます。 それから趣味は焚火とキャンプ。もっともここ一年以内に始めたばかりですが(笑)。すっかりハマってはいますが、飽き性のオイラはいつまで続くでしょうか? でも星空撮影とキャンプ、なんとなくつながりそう、なんて思ってます。趣味と実益、兼ねられたら最高だなぁ。 ここではカメラのこととキャンプのことを中心に、ノンジャンルでいろいろと書いて行く予定です。 よんなーよんなー不定期更新ですので、気軽に覗いてみてください。 座右の銘は「撮らねぇ豚はただの豚だ」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。